ブログ

ヘッドのメンテナンスについて その1

追加資料6:ヘッド部のメンテナンスについて

ヘッド部分に起きるよくある現象として、歯車部分にフィラメントの屑がたまって、
歯車が空回りしてしまい、ノズルからフィラメントが出て来ないというものがあり、

多くの場合「カタカタ」と歯車がフィラメントにあたって空回りしている音がします。

そのようなときには(今回はUP BOXを例にご説明いたします)、歯車の掃除を行うことで
問題を解決できます。

まず、ヘッド上部のコードを抜きプリンターから取り外します。ヘッドは磁石で固定されているので簡単に取り外すことができます。
名称未設定1

そして、上部にあるファンのコードを抜き、黒いカバーを外します。カバーと銀色のモーター部分を反対側に引っ張ると外すことができます。

そうしますと、ネジでとまっている白いカバーが見えますので、それを六角レンチを使い取り外してください。

名称未設定2

白いカバーを取り外すと、歯車が見えます。その歯車を歯ブラシなどを使って綺麗に掃除してください。

名称未設定3

外した部品を元通りに直し、フィラメントの挿入の動作でノズルの先からフィラメントが出て来ましたら

メンテナンス完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のコメント

    ページ上部へ戻る