ブログ

UP3Dプリンターの【印刷設定】について

dense層とラフと層の位置関係

最初に印刷設定の各項目について説明致します。
各選択項目の役割・機能を理解されれば、UP3Dプリンターがよりスムーズにご利用できると思いますので、是非ご覧下さい。

追加資料1:印刷設定の説明

造形物内部:

角度:モデルの内部空間において、【内部サポート】をどのくらいの傾斜でつけるか(例えば45度に設定した場合、水平から0~45度傾いている部分に内部サポートが生成されますが、45~90度の部分にはサポートが生成されません)
基本的には45度の設定で大丈夫です。(これはFDM式3Dプリンターの45度原則とも言います)

レーヤー層:ぶら下がっている部分の真下にある【水平サポート】の厚みのことです。3レーヤーさえあればほとんどの場合に対応できますが、ぶら下がっている平面が大きい時、4レーヤーに設定することをお勧めします(実際の見た目にはそれほどの影響がありませんが、作品が更に強固になります)

サポート:

レーヤー層(造形物内部のレーヤー層と分けるために、dense層と言う):
dense層は、ラフト(※グレーの部分)と造形物本体(※ピンクの部分)の間の土台を指します(※緑の部分)。Dense層が厚い場合、作品とラフト(ラフト+dense)の取り外しが楽になります。厚ければ厚いほど安定になるという印象になりがちですが、dense層に【反り】が発生した場合、厚いほど逆に造形に悪影響が生じます。ですから、大型のものを作る場合、dense層をあまり増やさないほうが無難です。ABS素材を使う場合、あまり関係のない選択項目だと捉えていただいても結構ですが、ABSより脆いPLA素材の場合、このdense層を増やしたほうが、サポート部分が取りやすい(denseが薄いと、途中で折れやすい。一方、丈夫なdenseなら一気に取れます)。

dense層とラフと層の位置関係

角度(【サポートを生成するかしないかの判断基準】とも言い変えられます):

モデルの【外部】(外側と内側両方を【外部】と総称します)に置いて、どのくらい傾いている部分に【外側サポート】をつけるかを設定します。例えば45度に設定した場合、水平から0~45度傾いている部分に内部サポートが生成されます。50度の部分ならサポートが付きません
サポート生成角度条件は基本的に30~45度と設定すれば大丈夫です。デフォルト設定が30度です。品質に要求が高い場合でも、45度まで安定すれば十分だと思います。(これも先ほど説明させていただきましたFDMの45度原則です)。45度原則

スペース:

ぶら下がっている部分の下(正確には水平サポートの下)に立っているサポート部分の【間隔】を指します。一般的にはサポート間隔数値が低いほど造形が安定になりますが、極めて複雑な作品ではない限り、普通68レーヤーで十分です。間隔が大きいほどモデルが崩れやすくなります。スペース

公式説明書によりますと、1 line=0.5 mmという計算になります。

エリア:ぶら下がっている部分における【サポートを生成しない最大面積】。どれくらいの面積以上になればサポートを生成するか、それ以下の場合生成しないかの選択です。デフォルトの3mm2Äup0Änosupersubで十分ですが、螺旋状の模型のように、ぶら下がっている部分が多い場合には注意が必要です。場合によって、ぶら下がっている部分の傾きが45度以上、或いは面積が大きくない場合、サポートを加えなくてもうまく作成できますので、「サポート無し」をお選びいただいても問題がありません。(作成者の経験に基づく)

エリア-UPPlus2

エリア-UPPlus2


問:「4ライン」「0mm2」にしたらめくり上がりにくくなるので しょうか?
答え:「4ライン」の場合、【外側サポート】の密度が大きくなります。
「0mm2」にした場合、下に支えがない部分全部はサポートが生成されます。
ラフト部分のめくり上がり(反り)にはあまり影響しないと思いますが、造形物の上の(ラフトから離れている)部分がサポートに捕まりますので、そこのめくり上がりが軽減されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のコメント

    ページ上部へ戻る