日本3Dプリンター株式会社

導入事例

3Dプリンターで水密排水管を製作

  • RAISE3D
  • 製造業

Sanitronics社は、公衆トイレ設備で20年以上の経験を持つ革新的な企業であり、2018年の最も革新的なSME企業にノミネートされました。Sanitronics社は、カスタムメイドのセルフクリーニング公衆トイレシステムを製造しています。
これらの特許取得済みのデザインの1つは、「回転トイレ」です。
このトイレでは、使用するたびに2つのトイレが回転して切り替わります。 1つのトイレは技術室で徹底的に掃除され、清潔なトイレが利用可能になります。このように、すべての利用者は清潔で乾燥したトイレを使用することができます。
回転式トイレシステムは、破壊行為、持続可能性、快適性、衛生状態などの問題を中心に設計されました。

サニトロニクスの生産要件

回転トイレの設計では、水密で長持ちするカスタムメイドの排水管を使用する必要があります。これらの排水管は、厳しい公差のある複雑な設計を使用して作成されています。回転式トイレの場合、小規模な製品シリーズのために、これらのコンポーネントを社内で製造できる必要があります。

排水管に関してSanitronics社の機能要件に基づくと、PETGフィラメントが最適な素材でした。 Sanitronicsは、水密部品を印刷できる優れた層接着性により、BASF UltrafusePETでRaise3Dプリンターを使用することを選択しました。 Ultrafuse PETの特性を最大限に活用するために印刷パラメーターを注意深く調整した後、SanitronicsはRaise3Dプリンターから優れた一貫した品質を獲得しました。さらに、必要なすべてのキャリブレーションは、カスタマイズ用の包括的なパラメーターを提供するRaise3Dの3DスライシングソフトウェアであるideaMakerを使用して行われます。

PETGフィラメントの3Dプリントアプリケーション

PETG(ポリエチレンテレフタレートグリコール変性)は、優れた層結合特性を備えたフィラメントです。つまり、3D印刷された部品は、層のギャップがないため、水密になります。 PETGは、優れた耐薬品性と耐放射線性も備えています。
これにより、PETGは、化学薬品、食品および飲料、医療用途のプリントコンテナに非常に適したフィラメントとされています。

Raise3DプリンターからのPETG排水管の直接配送は、まさにSMEが求めているものです。 Sanitronics社のような企業は、初期の開発段階を生き残るために、最小限の製造コストで迅速な製品発売を必要としています。 3D印刷の柔軟な生産能力により、Sanitronics社は、消費者の好みの変化や新しいユーザーシナリオなどの市場の不確実性に直面することもできます。中小企業は、ideaMaker、Raise3Dスライシングソフトウェア、Raise3Dプリンター、ideaMakerライブラリを採用することで、設計、材料、製造の面で柔軟な製造から大きな利点を得ることができます。

その他の事例

PAGETOP