日本3Dプリンター株式会社

導入事例

3D造形による治療の可能性

  • RAISE3D
  • 製造業
  • デザイン
  • 研究・医療

国立台湾大学病院(NTUH)と国立台湾大学(NTU)は、台湾で革新的で創造的な医療を提供することを目指しています。NTUHの使命は、スマート医療に共同で取り組みながら、学校、業界、学術研究ユニットとのコラボレーションを強化することです。NTUHは、効率を向上させる目的ですでにいくつかの3Dツールをテストしており、これらのツールは非常に成功しています。

術前手術計画の限定的な実施

手術計画モデルは、診断の改善、治療決定の明確化、手術の計画と実行など、さまざまな理由で外科医と医師にとって重要です。NTUHのソースの従来のオプションは、サードパーティベンダーに制限されています。ただし、大量生産された既製のモデルは、患者固有の病気の状況では効果がありません。モデルの選択肢が限られており、サイズが患者とは異なるため、既製のモデルは、患者に固有の病気の学習には効果がありません。大量生産されたモデルよりもうまく機能するカスタマイズされたモデルは、時間とお金の多大な投資を必要とします。

柔軟なワークフローによる有効性と効率

カスタム手術計画モデルを合理化する目的で、NTUHは3Dスキャンと3D印刷の利用を開始しました。これらの技術は、臨床の利便性を向上させ、ユニットが臨床ツールを開発するのを支援します。NTUHは、社内の3Dプリンターを使用して、患者の体、脚、腰、または肘に固有のモデルを数日以内に印刷できるため、トレーニングプロセスを改善しながら、作業プロセスを完全に変更できます。
以前のプロセス:総コスト= 100,000 NTD / PC、時間= 2週間以上
現在のプロセス:材料費= 4,500 NTD / PC、時間= 5日(スキャン+モデリング+印刷) NTUHはクリニックで3Dスキャンを運用しています NTUHはクリニックで3Dスキャンを運用しています。

3Dプリンターの操作は、汚染がなく、省スペースで、操作が簡単で、あらゆる臨床環境で有益であり、病院内で3Dプリンターを操作することができます。3D印刷は自動プロセスであるため、印刷プロセスで使用される材料の量は、印刷部品を製造するための全体的なコストの要因の1つです。NTUHの3D印刷プロセスの結果は、スキャンされた患者の体の部分の正確な複製である3D印刷された部分です。必要に応じて、運用チームは1:1スケールのボディパーツをいくつか印刷し、それらをハーフボディのレプリカに組み立てることができます。 下肢はRaise3DPro2によって複製されます 下肢はRaise3DPro2によって複製されます。

Raise3Dによるワークフローのクイックアップグレード

NTUHは、Raise3Dプリンターとソフトウェアソリューションが臨床診療の改善に役立つことを発見しました。Pro2デュアルエクストルーダー3Dプリンターのビルドボリュームは、患者の解剖学的構造を再現するのに十分な大きさの3Dプリントパーツを作成できます。プリンターのデュアル押出機により、NTUHは、直感的な外観とPVAサポート材料を使用した複雑な構造のために、2色のパーツを印刷できます。従来の製造装置とは異なり、Raise3Dプリンターは、取り付けられたタッチスクリーンと医療スタッフのスケジュールと矛盾しない学習曲線を備えたユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。 ideaMakerRaiseCloudを実装することで、NTUHは、コンピューターまたはスマートフォンからリモートでプリンターを監視および制御できるようになりました。この機能を使用すると、NTUHネットワーク内のすべてのラボとクリニックは、どこにいてもワークスペースにとどまりながら、同じプリンターに印刷タスクを割り当てることができます。

病院に欠かせないツール

3D印刷の術前計画モデルは、病院の内部プロセスを大幅に改善し、それによって患者の治療が改善されます。3D印刷プロセスの効率とモデルのカスタマイズの効果により、3Dプリンターは病院にとって不可欠なツールになっています。

まずは、ご相談ください。

3Dプリンターの選択、3Dプリンターの材料コンサル、3Dプリンター向けのデータ再設計、
設置教育など、トータルのソリューション提案ができるのが、日本3Dプリンター株式会社です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

03-6683-9789

その他の事例

PAGETOP