建築会社TCCは積層造形戦略で製造における緊急事態への対応

本ウェビナーでは、3Dプリンター(Additive manufacturing)が、どのようにロジスティックスの現場で役立つのかをお話いたします。

今回は建設会社(TCC)さんを例にとって、Markforgtedの役割を提案をさせていただきます。

昨今の危機的状況から、サプライチェーンの見直しや運営のありかたの見直しが注目されてきています。
このWebinarが少しでも皆様のお役に立つようなことがあれば幸いでございます。

※英語で開催されます。
※日本語での内容は後日、弊社主催のWebinar で開催いたしますので、是非ご参加ください。

開催日:
10月8日 12:00開催
申込方法はこちらをクリックしてください

建築会社TCCは積層造形戦略で製造における緊急事態への対応 10月8日 12:00開催 https://3d.markforged.com/webinar-live-additive-simulation-apac.html?mfv=Nihon%203DPrinter%20Co.%20Ltd

関連記事一覧