日本3Dプリンター株式会社

多様化するニーズに対応する、高精度・高精細3Dスキャナー

3Dスキャナー Transcan C

Shining3Dは、小型から中型までの対象物を高解像度・高精度にスキャンするプロフェッショナル仕様の3DスキャナーとしてTranscan Cを開発しました。 また、3MPのカメラで高精細な3Dモデルを取得し、対象物そのものの色を忠実に再現します。


  • スキャン範囲の調整により、さまざまな対象物のスキャンに対応
  • ​1つのプロジェクトで3段階の解像度に切り替えが可能。部分的に高いディテールの表現ができます
  • 12MPカラーカメラにより、豊かで詳細なカラーテクスチャの3Dモデルを作成できます
見積依頼

デュアルスキャンレンジ

スライドレール方式により、150mm×96mmと300mm×190mmのスキャン範囲を切り替えられ、異なるサイズの対象物を効率的にスキャンすることが可能です。

マルチレゾリューションフュージョン

マルチレゾリューションフュージョンアルゴリズムにより、1つのプロジェクトで高・中・低の3レベルの解像度を混在させることができ、複雑なスキャン作業でも重複することなく高い効率性を実現します。

高い色再現性

12MPカラーカメラを2台搭載し、24bitの詳細なカラーマップを撮影することで、現物の色を忠実に再現しています。
Transcan Cはバーチャルディスプレイ用のカラー3Dデータのキャプチャに最適なソリューションです。

高精度なスキャンデータ

コンパクトながら、内側位置で0.035mm、外側位置で0.05mmという高いスキャン精度を実現しました。
寸法の測定にも活用可能です。

細かい解像度によるディティールの再現​

最小ポイント間隔0.0375mm(解像度)
150mm×96mmのスキャン位置を使用することで、表面の微細な凹凸を再現することができます。

操作性に優れたスキャンプロセス​

スキャニングはターンテーブルの回転によって自動的に行われます。
スキャンソフトウェアの高度な位置合わせ技術と組み合わせることで、効率的に3Dデータを取得することができます。

ソフトウェアのインターフェースは、シンプルな操作プロセスでユーザーをガイドし、スキャン結果の最適化のための強力なツールを提供します。

SPEC製品スペック

                           
スキャンモード 150mm(狭角) 300mm(広角)
3D精度(最大) 0.035 mm 0.05 mm
ポイント間隔( 3D解像度) 0.0375 mm;0.075 mm;0.114 mm 0.075 mm;0.154 mm;0.23 mm
スキャンスピード シングルスキャン:3秒
被写体長3D精度(最大) -
シングルスキャン範囲 150 mm x 96 mm 300 mm x 190 mm
光源 LED
安全性 クラス対象外(LED)
対象物との距離 260 mm 480 mm
位置合わせ方式 特徴位置合わせ
手動位置合わせ
マーカー位置合わせ
テクスチャスキャン 可能
特殊なスキャン対象 透明や反射率の高いモデル、または黒い物体には、 スキャンする前に粉末を塗布してください。
データ出力 obj/stl/asc/ply/p3/3mf
本体重量 2.5kg
三脚重量2.2kg
ターンテーブル重量2kg(耐荷重10kg)
対応OS Windows10(64bit)
推奨動作環境 CPU:Core i7-8700以上
GPU:NVIDIA GeForce RTX 2060
メモリ:32GB以上
USBポート:USB2.0 or 3.0 ×1

PAGETOP