Markforgedとは

カーボンファイバーを造形できる世界で唯一の3Dプリンター

Markforgedは世界に先駆けて、金属並の強度をもつパーツの試作品を出力可能にした卓上型3Dプリンターを、手頃な価格で発売しました。
それは、カーボンやナイロンにファイバー素材を織り込み造形することのできる、世界で唯一の3Dプリンターです。Markforgedのユーザーは、現在世界中に広がっています。

世界に広がるMarkforgedの導入企業

航空宇宙産業、ロボット工学、民生用電子機器など 数多くの業界で世界有数の企業が、 Markforgedにより従来より高速に 製品を市場に投入することが出来ています。

Markforgedの導入企業

Markforged社について

Markforgedは、マサチューセッツ工科大学出身の航空宇宙エンジニア、グレック・マーク氏により2013年に設立されました。
世界で唯一のカーボンファイバーを造形できる3Dプリンターの開発に成功し、わずか3年間に米国内だけで数千台の販売実績を作りました。2017年には、アルミ、チタン等金属造形を可能としたメタル3Dプリンターを発表しています。

マサチューセッツ州、ケンブリッジに拠点を置くMarkforgedの開発チームは、ハードウエア以外にもクラウドベースのソフトウェアや、プリント素材の開発など3Dプリンターの限界を広げるイノベーションに取り組んでいます。

Markforgedの開発チーム