日本3Dプリンター株式会社

付加製造のソリューションパートナー付加製造のソリューションパートナー

最先端の3Dデジタル技術を駆使する、
製造イノベーションの
ソリューションパートナー。

最適ソリューション提案

お客様の抱えている課題や潜在的な問題に対して、丹念なヒアリングの上、適切なソリューションを提案し、日本の製造業を支援していきます。

技術の定着までサポート

弊社はお客様に製品を購入頂くことではなく、しっかりと事業に役立てられることをゴールとしており、お客様に寄り添って親身にサポートして参ります。

世界の最新技術を日本へ

世界中にある弊社のネットワークを駆使し、新しく品質の良い技術を日々追い求めています。
今までは解決できなかった問題でも、常に進化し続ける技術を活用して解決できるよう導きます。

私達の強み

3D Solution Products取り扱い製品

  • 3Dプリンター
  • 3D造形サービス
  • 3Dスキャナー
  • 3Dモデリング
    3D測定ソフト
  • 3Dスキャン
    サービス
  • Raise3D
  • Markforged
  • BASF
  • UP3D
  • UAM 3D
  • EinScan
  • Autoscan Inspec
  • Geomagic Design X
  • Geomagic Control X
  • 3Dリバースエンジニアリング
  • 3D測定サービス

製品一覧へ

OUR CONTENTS日本3Dプリンターについて

導入事例

導入事例Case

実際に3Dプリンターを導入いただいた企業、団体様の事例を紹介しております。

詳細を見る

会社情報

会社情報Company

日本3Dプリンター株式会社の経営理念、代表メッセージを掲載しております。

詳細を見る

採用情報

採用情報Company

日本3Dプリンター株式会社は、ともに成長できる仲間を待っています。

詳細を見る

FAQよくある質問

3Dプリンターの価格はどれくらいですか。

Raise3Dの場合50万~110万程度の幅でのラインナップとなります。

Markforgedの場合、機種や設置状況、保守年数、送料により異なる場合があります。

詳細に関しては、弊社問合せフォームにてお問合せください。

造形材料の価格はどれくらいですか。

5000円/巻~16000円/巻と数十種類幅広い材料を揃えています。3Dプリンターの定番フィラメントABS、PLA、PETが5000円ほどとなります。

稼働時の電力はどのくらいですか。

Raise3D:最大600W

Marforged:300W

造形サイズはどのくらいですか。

Raise3D

Raise3D Pro2:305×305×300 mm

Raise3D Pro2 Plus:305×305×605 mm

Raise3D E2:330×240×240 mm

 

Markforged

Mark Two:320 x 132 x 154 mm

X7:330 x 270 x 200 mm

Metal X:250 × 183 × 150 mm

造形物の強度や精度はどれくらいですか。

強度につきましては内部充填率によってまちまちとなりますが、内部充填100%の場合でも射出成型等の無垢材と比較すると70~80%ほどとなります。

精度につきましては

PLA:±0.05~0.1mm

ABS:±0.1~0.15mm

PC:±0.15~0.2mm

等となっております。上記の通り素材や形状により精度に差が生じます。

 

モデル形状やスライス条件等により異なる場合がございます。

貴社にて評価並びに把握していただくには、弊社にベンチマーク(試し造形)をご依頼ください。

Raise3D無料サンプル依頼

Markforged無料サンプル依頼

プリントにどのくらい時間がかかりますか。

Raise3D:形状・材質の差や積層・内部充填等の条件設定が自由にできる「IdeaMaker」の性質により設定次第で大幅に変動いたしますので一概には申し上げることが出来ません。

 

Markforged:参考時間がご確認できる資料がございます。

形状や設定条件の違いにより同じ形状でも、時間が異なることがご確認いただけるかと思います。

補助金制度を活用した導入は可能ですか。

可能でございます。数多くのお客様から補助金を利用してのご購入をいただいた実績がございます。

 

詳細に関しては弊社担当者からご説明差し上げます。

弊社問合せフォームにてお問合せください。

どのメーカーが一番人気ですか。

一番売れているのがRaise3Dですが、お客様の用途により最適な3Dプリンターが異なりますので、弊社では用途に応じて適切な3Dプリンターおよびソリューションを提案させていただきます。

3Dプリンターできる3Dデータの形式は。

一般的に、3Dプリンターに対応しているファイル形式は、「STL形式(.stl)」か「OBJ形式(.obj)」です。

3Dプリンターの活用事例を知りたいです。

こちらをご覧ください。

PAGETOP