日本3Dプリンター株式会社

コラム

3Dスキャナーの活用事例にはどんなものがある?

2021.09.02

さまざまな分野で3Dプリンターの活用が一般的になりつつあるのに比例して、3Dスキャナーを導入する企業が増えてきています。

3Dスキャナーと聞くと製造業での導入が主だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのほかの意外な分野でも3Dスキャナーが導入されている事例があります。
3Dスキャナーの可能性は幅広く、多くの現場で活用されるようになってきています。

では、実際どのような現場で3Dスキャナーが活躍しているのでしょうか。
活用事例を把握することで、自社の課題を3Dスキャナーで解決できることへの気づきにつながるかもしれません。

本記事では、3Dスキャナーがどういった業界で導入され、有効活用されているのか、活用事例を詳しくご紹介していきます。

3Dスキャナーの需要

3Dスキャナーの需要

3Dスキャナーの登場により、さまざまな立体物や空間の計測と現況を記録する作業が大幅に効率化されるようになりました。
例えば、設備搬入経路や移設前の干渉チェック済みの設計図の作成、建設現場の地形データの把握、工場内の複雑に入り組んだ設備や配管データの取得など、様々な場所で多くのデータを記録できる3Dスキャナーは、今となってはさまざまな現場にとって欠かせないツール・技術となっているのです。

レーザー等の光を照射したり、複数の写真から3Dデータを作成することで対象物の3次元座標データを取得し、点群データで三次元の細部まで再現する、従来の方法よりも多くの情報量を取得することができるので、さらに現実に近いデータの取得が可能となっています。

3Dスキャナーが頻繁に活用されているシーン

3Dスキャナーが頻繁に活用されているシーン

さまざまな現場で活用されている3Dスキャナー。
ここからは、3Dスキャナーが活用されている分野をご紹介いたします。

建築

建築現場において、もっとも重要と言っても過言ではない業務のひとつが測量です。
昨今では、3Dスキャナーの登場により、現況測量、施工測量、および点検目的のモニタリング作業が大幅に効率化されています

例えば、ビル建設プロジェクトは移り変わりが早く、要求される納期を守れるソリューションが必要とされていますが、3Dスキャナーによって施工データの迅速な処理や、データに基づいた意思決定が支援されており、建設プロジェクトが滞りなく遂行されている現場も少なくありません。

医療

医療の分野は、特に精度を求められる世界でしょう。
医療機器に関して、複数の部品を組み合わせて使うようなものであれば、微妙な誤差も許されません。一つひとつは微妙な誤差でも、すべてを組み立てた時には大きな誤差になっているはずです。

医療業界で医療機器を使用する際には、設計図面と実際に組み立てた部品とではどの程度のズレが生じているのか、あるいは生じていないのか確認するのに、3Dスキャナーが有効活用されています

製造

製造業界において、モック品を手加工で作成したため図面が無かったり、図面があったとしても、量産のために図面の修正が必要になったりすることがあります。

こうした時に高精度3Dスキャナーを活用すると、図面のない製品から、3DCADデータを作成することができます
また、3Dスキャナーから得たデータを用いて設計変更を行い、製品の量産に必要な金型を作ることも可能になります。

3Dスキャナーで得たデータは物理的に場所を取らず容易に保管しておける上、劣化しません。活用したい時にすぐに取り出せるため、追加の生産が必要になった場合でも安心である点から、製造業界からも注目されているのです。

プラント工場・発電所

プラント工場は市場で競争力を保つために、絶えず最新設備にアップデートする必要がある施設です。
こうした厳しい競争の中で要件に対応し、停止時間を削減、安全性を確保した運用を確実なものにするためには、高品質なデータ、およびデータ処理・管理が必要になります。
また加工プラントの配管増設などを行う場合は、安全な方法でスピーディーに正確な現況データを記録する手段が欠かせません。

3Dスキャナーはプラント工場で、現況データを安全かつ簡単に、そして正確に収集して三次元で再現することに役立っています

文化財などの保護

古い建造物や遺跡、世界的な遺産は、後世に残していくべきものではありますが、自然環境による老朽化や災害などによる破損、時には崩壊してしまうこともあります。
そこで、3Dスキャナーを活用して三次元データを計測することで、データとして長く残しておくことができるのです。

こうした対策を講じておけば、いざ建造物が破損、崩壊してしまった場合でも、3Dスキャナーのデータを活用し、もとの建造物の復元に活用することが可能になります

実際、日本の世界遺産ですでにデータとして保存されているものも存在するのです。

土木・インフラ基盤工事

土木やインフラ基盤工事の現場では、測量士が取得するデータの精度によってプロジェクトの成否が左右される部分があります。
3Dスキャナーはさまざまな構造物の形状を短期間で詳細にスキャンできるため、プロジェクトに必要な書類や図面、3Dモデル作成業務を、効率良く行うための手助けになっているのです。

3Dスキャナーを作業の一部に組み込むことで、従来と比べて工数削減と業務の効率化につながっており、業界に革新をもたらしています。

リバースエンジニアリング

ものづくりの現場では必要不可欠であるリバースエンジニアリング。
3Dスキャナーでデータを取得することで、ものから設計図を作成し、図面がない現物しかないものの設計変更を行うなど、新しい方法でのものづくりがより普及しています。
3Dスキャナーを使用することで、これまでノギスなど人の目で計測を行っていた作業がデジタル化され、作業時間の削減、より正確な設計などに活用されているのです。

事故現場での科学捜査

3Dスキャナーは、事故現場での捜査にも活用されています。
警察関係者は、犯罪や事故現場の重要な証拠を正確に記録しなければならず、少しのミスも許されません。
なおかつ現場検証をスピーディーに行い、一刻も早く通常業務に復帰できるようにしなければならないため、証拠の記録や保存には、精度とともに、スピードも求められます。
現場に残された証拠の高精度な記録・保存に、3Dスキャナーが役立っているのです。
手描きはもちろん、写真を撮影しただけでは、そのものの詳細な構造などを把握することは困難です。
そこで、3Dスキャナーで計測することで、モノの構造を細かく記録・保存することができるのです。

橋梁(きょうりょう)

現在、日本における橋梁の数は約70万にものぼり、そのうち完成から50年経過したものが約20%を占めていると言われています。
古い橋梁が増えてきている昨今では、点検・保全が、日本のインフラを維持する上での大きな課題になっています。

そこで、3Dスキャナーの出番が増えています。
橋梁の点検を行う際は、高所作業車や足場を組んで点検するのが主流ですが、離れた場所からでも計測が行える3Dスキャナーを活用する例も増えてきており、高所作業車や足場を組まずに作業が行えるため、人的コストの削減や、作業の安全性確保に役立っているのです。

3Dスキャンサービスも有効活用しよう

3Dスキャンサービスも有効活用しよう

3Dスキャナーで得たデータは、活用するまでに変換やモデリングが必要であるため、少々手間に感じる方も少なくないはずです。
こうした場合は、3Dスキャナーを購入するのではなく、3Dスキャナーに精通している企業の3Dスキャンサービスを活用するのもひとつの手です。

もちろん、毎日のように3Dスキャナーを利用する測定などの現場では難しい提案かもしれませんが、例えば上でご紹介した中からピックアップするなら、文化財のデータ取得などでは、サービスを利用しやすいでしょう。

3Dスキャナーを自社に導入する場合、コスト的に、複数の製品やソフトウェアを購入するのはなかなか難しい場合も少なくありませんがが、3Dスキャンサービスであれば、業者が保有する複数の製品の中から最適な機種を使って3Dスキャンを実施、データを作成してもらえるため、3Dスキャナーの活用が頻繁ではない現場では特におすすめです。

日本3Dプリンター株式会社でも、3Dスキャンサービスを行っています。
三次元測定器や3Dスキャナーを使用した計測のほか、リバースエンジニアリングサービスにも対応。

計測の対象は小さな部品から大きな建築物まで幅広いため、より多くの方にご利用いただけるはずです。

3Dスキャンに関することは日本3Dプリンター株式会社にご相談ください

3Dスキャナーをいきなり導入しようとしても、どの製品が自社に合っているのか、課題解決へ導いてくれる製品はどれなのか、自己判断することは難しいでしょう。
またカタログのスペックだけを見て導入する製品を決めてしまうのも、あまりおすすめできません。

3Dスキャナーの導入をお考えの方は、ぜひ、日本3Dプリンター株式会社にご相談ください。

日本3Dプリンター株式会社には、3Dプリンティングに関することはもちろん、3Dスキャニングに精通しているスタッフも多く在籍しているため、製品の特長を良く理解した上で、貴社のニーズに合う製品をご提案可能です。
貴社の課題をともに分析し、潜在的な問題を解決できる製品導入をおすすめするのはもちろん、メーカー認証資格を持つプロのエンジニアによる、ノウハウの共有やトラブル対応といった安心のサポートも充実しています。

3Dスキャナーの購入相談はもちろん、3Dスキャナーによる計測やリバースエンジニアリング、3Dスキャンサービスなどに興味をお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください。

日本3Dプリンターのロゴ

日本3Dプリンター編集部

日本3Dプリンター株式会社では、3Dプリンターや3Dスキャナーの導入を検討している方向けに、最新の情報を発信していきます。

サービスサイトはこちら

PAGETOP