日本3Dプリンター株式会社

導入事例

「設計・デザイン」3Dスキャナーでインテリア設計

  • Einscan
  • デザイン

Ruigについて:
Buro Ruigは、2016年1月Peter OvregaauwとLvar Kraaijevangerによって設立された設計代理店です。当社の製品は、3Dスキャン、3D印刷、フライス加工、レーザー切断などのラピッドプロトタイピング技術を使用して設計および製造され、お客様にカスタマイズされた製品を提供しています。Buro Ruigでは、お客様が高レベルのサービスを提供するためにEinScanシリーズが使用されています。
Buro Ruigの最初の独自製品は「De Vliegtuiglamp」というランプで製作したり、人を頭から爪先までスキャンできる3Dスキャンのセットアップも構築しました。
こういったラピットプロタイピング技術により、Buro Ruigは様々な規模のカスタムプロジェクトを迅速かつ効率的に設計し、製作することができます。
事例について https://www.fatboy.com/

Fatboyは、建築家やデザイナーが、インテリアスペースをデザインする際に使用する3Dデジタルライブラリの製作をBuro Ruigに依頼しました。この3Dデジタルライブラリーにより、建築家とデザイナーがFatboyの製品を、デジタル上で彼らのデザインの中に組み込むことができ、設計をスムーズに行うことができるようになりました。
3Dモデルとして利用できなかった様々なFatboy製品(代表製品「ビーンバッグ」を含む)を、EinScanシリーズのハンドヘルドスキャンモードを使用してスキャンしました。そこから、Z-Brushで製品の3Dスキャンを処理して色付けし、ビーンバッグをできるだけリアルに見せるようにしました。その結果、Fatboyとその設計チームのコミュニケーションが容易になり、時間が短縮され様々なデザインを試すこともできるようになりました。
対象物の3Dスキャン:

得られたデータはZbrushで編集および設計:


最終的な3Dデータ:

その他の事例

PAGETOP