日本3Dプリンター株式会社

導入事例

3Dデジタイジングで歴史楽器の美しさを引き出す

  • Einscan
  • デザイン

音楽は国境のない言語です。言語は違いますが、素晴らしい音楽は世界を超えて認識することができます。楽器は長い文明開化を経て、その種類は多岐にわたっています。
しかし、時の洗礼の下、多くの楽器は現代の世界から徐々に消えていきました。博物館は古い楽器コレクションをより多くの方法で一般の人々に見て欲しいと思いました。台湾芸術センター音楽堂は専門チームに依頼し、3Dデジタル化と3Dプリント関連の技術を使用して、これらの眠っている楽器を目覚めさせるために使用しました。

古くからの友人であるKIDEN Studioは、この3Dスキャン作業を監督している。台湾の歴史的に重要な文物やコレクションをスキャンする「#ScanTaiwan」という活動は、彼らが始めたものです。EinScan 3Dスキャナーでデジタルアーカイブ化され、Sketchfabにアップロードされた後、世界中の人々がオンラインで鑑賞し、共有することができます。このイニシアチブの開始以来、地元の博物館やコレクターから、文物データのアーカイブ、修復、周辺製品の開発のためにこのスタジオに連絡が来ています。
3Dスキャン – デュアルモード
博物館ではまず、KIDEN Studioが3Dスキャンとリバースエンジニアリングのために25の古典的な楽器を選びました。楽器の大きさ、形、色の違いを考慮して、スタジオは文化遺産の保護を優先し、EinScan-Pro+と言うハンドヘルド3Dスキャナーを使用したハンドヘルド方式のスキャンと、フォトグラメトリー方式を採用しました。この2つのアプローチは、両方の長所を兼ね備えており、鮮明なディテールと質感の精密なスキャンを可能にしています。
リバースエンジニアリング – 3Dモデリング

EinScan 3Dスキャナーと写真法でOBJデータを取得した後、CADソフトにインポートし、スキャニング時の現場の光や物理的な制約による不完全な部品を復元します。オブジェクトの参考写真を使って最終的なモデルが完成します。次に、台湾芸術中心音楽堂の一部の楽器の実物とデータモデルの比較を楽しんでみましょう。
三味線

マルチユース – 創造的な文化的派生
最終的な3Dモデルは、ポストプロダクションアニメーション、文化開発、展示訓練、文物の復元などに使用することができます。3Dモデルのマルチアングル展示を通じて、一般の人々は楽器の構造や違いをより深く知ることができます。3Dプリント技術を使って作られた小さな楽器は、子供たちが遊ぶことができ、博物館の見学をよりインタラクティブにし、退屈さを感じさせないようにしています。こうして、中国の伝統的な楽器の文化的知識を楽しく教育的な方法で伝えることができます。
今後の展開にご期待ください。

その他の事例

PAGETOP