日本3Dプリンター株式会社

導入事例

3Dスキャンが、タイムトラベルと宝探しの新しいアプローチを開く

  • Einscan
  • 研究・医療

オンライン教室、クラウドオフィス、クラウド旅行などが、自宅での新しい生活スタイルになってきました。自然科学に興味のある方は、フランスのUniLaSalleの地学部が制作し、GéoLabイノベーションラボがサポートする地質学のバーチャル博物館「Musée Virtuel Albert de Lapparent」を「クラウド」で見学しに来てみてはいかがでしょうか。自然の地質学の実物そっくりのバーチャルツアーでは、あなたの家が先史時代の遺跡に変わり、息をのむようなバーチャルリアリティで古代の人工物を体験することができます。

この「タイムトラベル」の発案者は?
Musée Virtuel Albert de Lapparentは、フランスのUniLaSalle(ユニラサール)にある生命・地球科学のユニークな工学部の地質学の先生方のグループによって設立されました。昨今の大きな環境問題をよりよく理解し、それに答えるために、UniLaSalleは、学生が3Dモデリング、3Dスキャン、3Dシミュレーションのスキルを向上させることを可能にする、地球科学のデジタル・イノベーション・ラボであるGéoLabを開発しました。3D技術による先史時代の復活です。
1. 3Dスキャン
GéoLabチームは、EinScan-Proシリーズの多機能ハンドヘルド3Dスキャナーを使用して、様々な種類の化石、標本、岩石、さらに興味深い先史時代の物体の3Dデータを収集しました。3Dスキャンのほとんどは学生自身が行います。さまざまなスキャン対象に対して、固定スキャンモード、ハンドヘルドスキャンモード、または2つのモードの組み合わせを使用して、高品質の3Dデータを取得します。



2. 3Dデータの再構築と共有
学生は収集したスキャンデータを使用して、さまざまなソフトウェアで3Dモデルを編集、設計、レンダリングし、再構築したデータをSketchfabにアップロードすることで、より多くの研究者や自然の地質学愛好家が無料で共有、ダウンロードできるようにしています。


3. 派生アプリケーション
これらの岩石や標本の3Dデータは、ソートされてアップロードされ、科学教育者に革新的な教育ツールを提供しています。さらに、GéoLabチームは、このデータをパーソナライズされたデザイン、3Dプリント、バーチャルディスプレイなどのアプリケーションにも利用しています。

SHINING 3Dは、定評のあるEinScan Proシリーズに続き、多機能ハンドヘルド3DスキャナーEinScan Pro 2Xシリーズを発売しました。多彩なスキャンモード、高品質なデータ出力、高速かつスムーズなスキャン体験を備え、高品質で費用対効果の高い3Dモデリングツールを探しているユーザーにとって最適な選択肢となっています。同時に、Shining 3Dは、EinScanユーザーに2つのソフトウェアを組み合わせた完全な3DスキャンからCAD設計ソリューションを提供します。Geomagic EssentialsとSolid Edge SHINING 3D Editionを組み合わせることで、ユーザーはデジタルタイムトラベルだけでなく、エンジニアリングや設計の夢を現実のものにするために必要なすべてのツールを装備することができます。

その他の事例

PAGETOP