日本3Dプリンター株式会社

導入事例

EinScan-Proによるカスタマイズされたマニキュアサービスの提供

  • Einscan
  • デザイン

個人用のネイルチップ?爪にICチップを付けたウェラブルデバイス?それはまったく架空に聞こえるかもしれません。
しかし、3Dスキャニングと3D造形はそれを現実にするものになります。最近、日本の電気器具大手は、SHINING 3Dとの協力を通じ、産業境界を越えてマニキュア業界に参入しています。
EinScan-Pro 3D Scannerにより、各婦人の特定の爪にカスタマイズされたマニキュアをすることが可能です。便利で、魅力的で、しっかり取り付けることができます。最も重要なのは、身元認証も実現可能です。

マニキュアはきれいで人の目を引きますが、簡単に落ちてしまうということは、女性にとっては当然の事実です。爪は人によって大きく異なるので、大量生産によるネイルチップは個人の爪に完全にはまり込むことができず、取れてしまうの可能性が大きいです。

日本のマニキュア市場では、大手メーカーが新規ビジネスとして3Dスキャニング技術によって、よりパーソナライズされたマニキュアを実現することを決定しました。市場で入手可能ないくつかのスキャナーを調査の元、大手メーカーは3Dスキャニングに着目し、マニキュアのために必要な正確な立体データを出力可能であるEinScan-Pro 3Dスキャナーが選ばれました。
取得された立体データにパターンが設計され、3Dスキャナーによってネイルチップが作成されます。最後の着色のリンクが完了すると、特注のネイルチップが完成しました。カスタマイズ・イニシアチブ(customizing initiative)は、NHK News Channelでも取り上げ、報告されています。スキャン結果では、EinScan-Proによる固定スキャンモードはすべてを凌駕し、爪の先端までも目に見ることが可能です。

有名なアメリカのテストウェブサイトiReviewsはすでに、EinScan-Proのスキャンパフォーマンスとスキャンモードアプリケーションに好評を得ています。EinScan-Proは、シングルレンジ精度が0.05mm未満の最初の多機能ハンドヘルドスキャナーです。オブジェクトに十分な詳細がある場合、EinScan-Proは複数のスキャンメッシュを自動的に配列させて完全な3Dモデルを形成します。
実際、大手メーカーはインタビューで、3Dスキャニング技術の導入は爪をカスタマイズするだけでなく、クライアントの爪のデータも保存できることを明らかにしました。
マニキュアサービスの要件として、ユーザーは最初に魅力的なパターンをオンラインで拾い集めてネイリストに提示し、その後にネイルサロンに行って、あらかじめ選択されたネイルピースを装着することができる。大手アプライアンスの商品整理部の一人は「このサービスはネイルサロンを訪れる時間がない女性に対し魅力的な爪を提供する」と語ります。

今月7日から、東京の大手メーカーによる無料体験ブースをショッピングモールに設置すると報じられました。また今年中にはカスタマイズサービスが完全に市場投入される予定です。こ
のプロジェクトは、構想から実現まで一年以上を要します。本質的な関係として、3Dスキャンは非常に重要な役割を果たします。今後、コンサートやテーマパークの入口で爪にICチップを装着して身元認証を行い、ウェアラブルデバイスでマニキュア、3Dスキャニング、3D印刷を完璧に組み合わせることも考えています。

その他の事例

PAGETOP