日本3Dプリンター株式会社

導入事例

オルゴールのデザインに使用される「スキャンから造形まで」ソリューション

  • Einscan
  • デザイン

概要:
製品デザイナーはShining3DのEinScan-Pro 3Dスキャナーを使用して、新製品のリバースエンジニアリングとデザインの一環として、ヨーロッパスタイルの彫刻板と8音符のオルゴールの動きをスキャンしました。その後、Shining3Dの工業用3Dプリンターを使用して、最終的に芸術的なデザインのオルゴールを製作しました。

顧客プロフィール:
‘The Cadanza Working Studio’は、クラシック音楽の優雅さと美しさを製品デザインに統合しようとしています。同時に、Cadanzaは、3D造形などの最新技術を製造プロセスで使用して、消費者向けの独特で自動化された製品を作成しています。

ケースについて:
‘Cadanza Working Studio’のデザイナーSheldonは、クラシック音楽の愛好家です。また、彼はピアノやバイオリンなどの古典的な西洋楽器のファンであり、一方そのような楽器の飾り(エレガントで美しいヨーロピアンスタイルの彫刻された表面など)も同様に好んでいる。彼は新しいオルゴールプロジェクトの最初に、彼のデザイン—–ヨーロッパスタイルの彫刻パターンを統合するために3Dスキャナーを利用することに決めました。

  1. 初期のデザイン

デザイナーは、オルゴールのおおよその外観とスタイルのスケッチを作成しました。また、製品の概要を設計ソフトウェアで作成しました。

  1. スキャン計画の概念化

初期のスタイル設計が完了した後、設計者は3Dスキャナーの使用を必要とする部分を決定した。設計者は、2つの方法で製品の設計を完成するために3Dスキャナーを使用することに決めました。
最初に、3Dスキャナーを使用してヨーロピアンスタイルの彫刻されたボードをスキャンし、彫刻されたパターンのスキャンされたデータを入手し、オルゴールの最終的なデザインに統合した。
次に、3Dスキャナーを使用してオルゴールの動きをスキャンし、オルゴールの動きの構造設計を作りました。(原文用了aid)。


3. モデルのデータをスキャン —-  ヨーロッパスタイルの刻まれたボードのスキャン
(Scan of the European-style carved board:):
デザイナーはEinScan-Pro 3Dハンドヘルドスキャナーを使用してヨーロッパスタイルの彫刻されたボードをスキャンします。設計者は、スキャナーの内蔵ソフトウェアをハンドヘルドHDスキャンモードに切り替えて、スキャナを手に持ち、もう一方の手は設計図を持ちながらスキャンを実行しました。スキャンが進行するにつれて、スキャンされたデータは、コンピュータ画面上のソフトウェアインターフェースにリアルタイムで示された。ボードの3Dスキャンは約10分で完了しました。

オルゴールの動きのスキャン
彫刻されたボードのスキャンが完了した後、デザイナーはオルゴールの動きのスキャンに移った。デザイナーはEinScan-Proを置き、ターンテーブルにオルゴールを動かす。その後、スキャナーを自動スキャンモードに切り替え、オルゴールのスキャンデータがすぐに得られました。

  1. 協力された(assisted也可以翻成支援された)リバースエンジニアリングとデザイン

デザイナーがヨーロッパスタイルの彫刻されたボードとオルゴールの3Dスキャンデータを取得したら、そのデータをリバースエンジニアリングのソフトウェアにインポートして、細かなデザインやオルゴールの構造の修復を行いました。
設計者は、欧州スタイルの彫刻されたボードのSTLスキャンデータを設計ソフトウェアにインポートしました。新しいオルゴールのトップカバーのデザインは、取得したスキャンデータを用いて修正、抽出、コピーした後、早期段階で作成されたデザインモデルと統合した後に迅速に生成されました。


オルゴールの動きのインストール構造の設計:
オルゴールの動きのインストール構造の設計では、STLスキャンファイルを設計ソフトウェアにインポートしました。その後、彼は全体の寸法、ねじの位置および直径などのスキャンされたモデルからの関連パラメータを使用してオルゴールにインストールされるオルゴールの動きの構造を設計した。

  1. 印刷と印刷後処理
    すべてのデザインが完了したら、デザイナーはShining3Dの工業用iSLA-650 3Dプリンターを使用して完成品を印刷しました。オルゴールの製造と組み立てプロセスは、研磨とスプレー塗装と、オルゴールの動き、足パッド、およびヒンジの取り付けを行い完了しました。

その他の事例

PAGETOP