日本3Dプリンター株式会社

導入事例

ネアンデルタール人博物館のDISAPALEプロジェクト。EinScan Pro 2X Plusが石器時代をオンラインにする

  • Einscan
  • 研究・医療

これは、ネアンデルタール博物館のプロジェクトで、エアランゲン-ニュルンベルクのフリードリヒ-アレキサンダー大学と共同で、BMBF、連邦教育研究省(ドイツの連邦省)の資金援助を受けています。

DISAPALEの主な目的は、プロジェクトのタイトルが示すように、科学的な文献で知られている約300~500種類のタイプ別の形態(タイプごとに4~5種類のバリエーションがある)をデジタル化し、考古学の学生や専門家がNESPOSプラットフォームで利用できるようにすることです。このプロジェクトは、考古学におけるデジタル化と呼ばれてきた当博物館の長期的なコミットメントに合致しています。

“デジタル化によって開かれた可能性は計り知れないものであり、私たちが話している間にもすでに発展しているものもあります。3Dはこの分野の数ある方法論の一つに過ぎませんが、これまでに最も利用されている方法論であり、(教育的なものから文書化や研究目的のものまで)最も汎用性の高い方法論であると言ってもよいでしょう。これらの理由から、私たちの技術を向上させ、結果を向上させることが日々ますます重要になってきています。

-Dr. Gianpiero Di Maida, 科学プロジェクトマネージャー、Disapaleプロジェクト

石器時代からインターネットへの道のり

画期的な3Dスキャン技術のイノベーターであるSHINING 3Dは、ネアンデルタール博物館と提携し、EinScan Pro 2X Plus多機能ハンドヘルド3Dスキャナーとオプションである三脚+ターンテーブルを使用して、何百もの旧石器時代の遺物にアクセスできるように支援しています。石器時代から3Dデジタルオンラインデータベースへの道のりを見てみましょう。

先史時代に使用された石器、いわゆるハンドアックス

博物館は、1856年に新種のホモ・ネアンデルタリア人の部分骨格が発見された場所(以後、ホモ・ネアンデルタリア人と呼ぶ)から数百メートル離れた場所にあります。この発見は真の転機となり、人類の過去の研究に新たな刺激的な段階をもたらすことになりました。しかし、博物館の活動はネアンデルタールだけではありません。先史時代の考古学と人類進化学の分野がここ数十年の間に発展してきた分野の多くが含まれています。その中には、過去の遺物を研究するためのデジタル考古学的な分析・記録方法も含まれています。これらの中で最も一般的なものには、石器があります。石(通常は燧石)で作られた人工物は、私たちの祖先が日常生活活動の補助として、切断したり、砕いたり、削ったり、一般的に使用していました。これらの代表的な石器の一つは、博物館のチームがここ数年の間に行ってきたテストの一環としてデジタル化されました。

オプションのターンテーブルの上に置かれた手斧

三脚+ターンテーブルと組み合わせた多機能ハンドヘルド3DスキャナーEinScan Pro 2X Plusは、ネアンデルタール博物館の要求を満たしており、さまざまなサイズの石や骨のオブジェクトを幅広くデジタル化することができます。この場合、ターンテーブルの上に石器を置くと、作業した石器の細部まで正確に捉えることができます。

発泡スチロールに固定された手斧(保護とサポートのため)をターンテーブルの上に置きました。

石器のエッジ(非常に鋭利であることが多い)と平面形状(非常に薄いエッジでつながった2つの面で構成されている)のため、石器は一般的に適切に撮影することが困難でした。しかし、EinScan Pro 2X Plusの高度な技術的能力により、DISAPALEチームの作業ルーチンが促進され、スピードアップされ、これらの重要な先史時代の遺物のデジタルコピーの作成がより簡単かつ迅速になりました。

ネアンデルタール博物館でのスキャンセットアップ。EinScan Pro 2X Plusと三脚+ターンテーブル

EinScan Pro 2X Plusをテストできたのは短い時間でしたが、特に設定とスキャンのスピードと機能において、非常に優れたツールであることが証明されました。

-Disapaleプロジェクト、科学プロジェクトマネージャー、Gianpiero Di Maida氏

その他の事例

PAGETOP