日本3Dプリンター株式会社

導入事例

ヘンリー・フォードは自動車の3Dスキャンについてどう考えているのでしょうか?

  • Einscan
  • 製造業

ブライアン・フラーの自動車とオートバイのデザインとカスタマイズショップ「フラー・モト」は、創造的な精神とドゥ・イット・ユアセルフの姿勢を持つ人々にインスピレーションを与え、教育し、楽しませています。アトランタを拠点とする彼のショップでは、並外れた車やバイクがオンリーワンのカスタムビルドとして仕立てられています。新しく導入したものの一つである3Dスキャナー、SHINING 3DのEinScan Pro 2X Plusは、彼の伝統的なクラフツマンシップビジネスをデジタル製造でのカスタマイズ性を高めるのに役立っています。

この「モデルT」は、1908年から1927年までフォードが製造し、1972年にVWビートルがこのタイトルを引き継ぐまでは、世界で最も売れた自動車でした。近代的な交通機関が誕生してからおよそ100年後、ブライアン・フラー氏と彼のチームは、カスタマイズのための正確なデータを取得するために車両を3Dスキャンしています。

“ヘンリー・フォードは3Dスキャンを魔術だと思っているだろう “と、フラー・モトのITオペレーションを担当するアダム・チューリン氏は言う。

アダム・チューリン氏はEinScan Pro 2X Plusを使ってKrämer motorcycleをスキャンしています。画面右に映る車体が「モデルT」

「何年も何年も前から、3Dスキャナーは私たちのようなお店には高すぎました。SHINING 3D EinScanは、驚くほど手の届きやすいツールで、今では私たちが使用しています。」ブライアン・フラー氏は、彼のショップで新しいツールについて興奮気味に説明します。

Krämerモーターサイクル用PWRラジエーター

690 KTM Krämerのバイクに乗っているフラーは、PWRのカスタムラジエーターを取り付けたいと考えています。「PWRはオーストラリアで世界で最も非常識なラジエーターを作っています 」とブライアン・フラーは言います。EinScan Pro 2X Plusは、フラー氏がレースバイクの取り付けポイント、フレームクリアランス、サイズを簡単に把握して、PWR製のカスタムラジエーターを製作するのに役立ちます。「スキャンすることで、海を越えてSTLファイルを簡単に正確に送ることができ、完璧なラジエーターを簡単に作ることができます!」とショップオーナーは説明しています。

PWRがカスタムラジエーターを設計するために必要なデータを取得するために必要な領域をスキャンする様子

3Dスキャナーを使ったカスタマイズのアップグレード
3Dスキャナーを使用することで、従来の紙やダンボールでパターンを作成する方法に比べて、必要なデータを素早く取得することができます。また、パネルを手で作るのではなく3Dプリントすることで、従来の方法では難しい複雑なグリルをデザインすることができます。3Dスキャンは、これまで社内で収集できなかった複雑な形状の測定が容易にできるようになったことで、カスタムピースの作り方の多くの部分を変えました。

ステップ1 スキャニング

ステップ2 ポイントクラウド生成

ステップ3 メッシュ化

ブライアン・フラー氏はEinScan Pro 2X Plusに大変満足しています。3Dスキャニングは初めてですが、スキャニングプロセスのシンプルさと、EXScanソフトウェアの簡単なワークフローを強調していました。

「EinScanは、構想から最終組立に至るまで、車両の測定、設計、構築、エンジニアリングについての考え方を完全に変えてくれました。」

– ブライアン・フラー氏、マスターカスタムビルダー、TVパーソナリティ

その他の事例

PAGETOP