日本3Dプリンター株式会社

導入事例

レーシングカーにおける時間節約と効率的なメンテナンス

  • Einscan
  • 製造業


概要:
スウェーデンのレーシングチーム——Speedlab Racingは、Shining 3DハンドヘルドスキャナーEinScan-Proを使用してレーシングカーのボディをスキャンし、自動車の交換部品を製造した。
 
Speedlabについて:
Speedlab Racingは、何年ものレース経験を持つスウェーデンのストックホルムにあるレーシングチームです。チームは2005年に米国から使用済みのコルベットC3を購入しました。その後、多くの試行錯誤により、スウェーデンで最速のレーシングカーを持つことが目標です。
 
プロジェクトの背景:
Speedlab CorvetteはスウェーデンのTime Attackシリーズ(timeattacknu.se)をレース行う予定でこれはあらゆる種類のレーシングカーが単一のサークルのスピードで競合します。 Speedlab Corvetteが参加するクラスでは、セキュリティ規則が満たされている限り、アクティブ空力変換、高出力エンジンの適用などの変更が許可されていました。
これまでのチームは、Corvetteレーシングカーの伝統的な製造技術を駆使して異なるボディパーツをアップグレードすることに多くの時間と時間を費やしてきました。しかし、ボディの前部と後部は手で作られていたため、車体のこれらの部品が破損すると、修理するのに非常に時間がかかっていました。それゆえ、3Dスキャナーでは、スキャンされたモデルからのCNC処理または3Dによって、車の前部および後部を容易に再現することができるようになりました。

 
スキャンプロセス:
他の製品と比較後、Speedlabチームは、スキャン範囲の広さ、高速性そして精密なShining 3DのEinScan-Proを車体スキャンに使用することに決めました。
3Dプリントで6年以上の経験を持つSpeedlabチームのメンバーがいましたが、3Dスキャンの経験はほとんどありませんでした。しかし、EinScan – Proは非常に使いやすく、Speedlabは数回の練習で扱うことができました。
スキャンの初期段階で、Speedlabチームはいくつかの異なるスキャンモードを試した。まず、ハンドヘルドスキャンモードを使用し、貼り付けマーカーでスキャンを完了させた。このスキャンモードでは、正確に位置合わせることが可能です。

その後、チームはハンドヘルド高速スキャンモードを試みました。このモードでマーカーを貼る必要はなく、高品質の3Dデータを取得することができます。スキャン速度が大幅に向上し、豊富な特性を有するランプおよび他の部品の素早い完成が可能となりました。
EinScan-Proにより、Speedlabは車全体をうまくスキャンできるようになりました。スキャンされたデータは最終的な位置合わせのためにGeomagic Wrapにインポートされ、位置を調整せれたモデルデータは、さらなる3D造形およびCNC処理を可能となります。

Shining 3DのEinScan-Proで得られた3Dデータにより、Speedlabは素早くかつ効率的なメンテナンスと修理を完了できます。一方、チームのメンバーは、レーシングカーの3Dデータを使用して、将来的には新たな可能性を切り開くため、設計の変更を加えることを考えています。 「スウェーデンで最速のレーシングカーを作る」という彼らの夢を実現することが、より多くの希望をもたらします。

その他の事例

PAGETOP