日本3Dプリンター株式会社

導入事例

EinScan Pro HDを使ったカスタム木箱とディスプレイ

  • Einscan
  • 製造業
  • デザイン

今回はLeerform社によるEinScan Pro HDを使用したカスタムディスプレイの事例を紹介します。

このビデオでは、@Leerform社がEinScan Pro HD多機能3Dスキャナーを使用して、カスタムディスプレイを作成している様子を紹介しています。このビデオはLeerform社の提供で公開されています。同社のサービスの詳細については、www.leerform.com にご覧ください。

ビクターにご挨拶

「ビクター」は、ブラジル産の4,000ポンドのホワイト・クォーツ・クリスタルです。美しく、神秘的でありながら、巨大で、非対称で、アンバランスな存在です。ニューヨークのLeerformチームはEinScan Pro HDを使ってビクターを固定するためのカスタムスタンドを作成しました。良いですね。彼らはまた、ビクターの傑出した特徴を強調する美しいディスプレイと、それにぴったりの輸送用木箱をデザインしました。ビクターがその美しさを調和のとれたディスプレイで輝かせるための道が開かれたのです。

図1:ビクターの最終ディスプレイ

Leerformは、物を守ることで文化を守ることができると信じています。コラボレーションを通じて、ニューヨークのアートコミュニティにクリエイティブなソリューションを提供しています。クライアントがオーディエンスとつながり、オーディエンスがアートやアーティファクトに興味を持つようにサポートします。美術館、ギャラリー、個人アーティストのために、展示、旅行、保管のためのロジスティックサービスやファブリケーションサービスを提供しています。Leerformは、ブルックリンにある木工・金属加工設備を備えた施設で、木枠、トラベルフレーム、ケースワーク、台座、マウント、アーマチュアなど、包括的なデザインとクレートサービスを提供しています。さらに、コントラクター、建築家、デザイナーと密接に協力して、カスタムキャビネット、展示用家具、建築要素などを製作しています。


図2:プロジェクトに取り組むLeerformのスペシャリストたち

EinScan Pro HDによるスキャン

LeerformはEinScan Pro HDを使用して、高解像度のディテールと寸法精度をキャプチャしています。博物館の展示物の多くは、架台の製作、ディスプレイ、特注の木箱などに課題を抱えています。これらの課題は、3Dスキャンによって克服することができます。3Dスキャンは、効率的で安全なプロセスであり、標準的な技術よりも対象物の取り扱いが少なくて済みます。スキャンは、3DプリントやCNCカッティングと組み合わせることで、複雑なマウントやディスプレイ、木箱の内部をシンプルにすることができ、対象物の表面に適したさまざまな素材やコーティングに対応することができます。

図3:EinScan Pro HDによるスキャン

EinScan Pro HDがより良い選択である理由

ビクターのために特別に作られた魅力的なディスプレイと耐久性のある輸送用のカスタムクレートを作るには、ビクターと同じくらい素晴らしい創造性と技術が必要でした。Leerformチームは、3Dスキャンを2つのフェーズで使用することで、優れたデザインを実現しました。

フェーズ1 Victorの金属製マウントのデザイン

 

フェーズ2 ビクターのディスプレイのデザイン

スキャナーは一般的に、透明、光沢のある、または黒い表面を拾うことができないため、ビクターのマテリアルは克服すべき多くの課題をもたらします。Leerformチームは、不透明で自己溶解する昇華フィルムを使用して、Victorとそのマウントのユニークな形状を完璧に捉えました。

ビクターは十分な大きさがあるので、マーカーの基準点を使ってクリスタルをセクションごとにスキャンすることができました。スキャンデータのファイルは、マーカーによる位置合わせを用いてEXScan Proソフトウェアで位置合わせされました。

図4:ビクターに貼り付けられた昇華フィルムにマーカーを付ける作業

図5:ビクターのスキャン中の画面

彼らはスキャンデータの莫大な容量を考慮して、ビクターのディスプレイデザインに必要な部分のみをスキャンしました。

デザインするために、スキャンファイルをCADソフトウェアのRhinocerosに取り込みました。そして、CNCマシンを使って、ビクターのカスタムディスプレイのために、彼の特定の輪郭にぴったり合うように木材をカットしました。これでビクターは、安全な旅と輝かしいプレゼンテーションの準備が整いました。

図6:3DCADソフトウェアへのインポート

図7:Rhinocerosでカスタム木枠をデザインする

図8:CNCマシンで木枠をカットする

図9:ビクターがカスタム木箱にぴったりと収まり、輸送の準備が調います

3Dスキャンによって、従来の方法ではできなかった対象物の輪郭に材料を合わせることができるようになりました。また、3Dスキャンによって、不規則な対象物への設計が容易になりました。”

– Leerform社、Doug Young氏

その他の事例

PAGETOP