日本3Dプリンター株式会社

導入事例

カスタマイズされたコスチューム: 3Dスキャニングによるクリエイティブデザインとパーソナライゼーション

  • Einscan
  • 製造業
  • デザイン

太古の昔から、仮装することは人類の一部でした。古代の神話や伝説から、スーパーヒーローの物語やSF、潜入捜査官からカーニバルやコスプレまで、様々なものがあります。仮装にはさまざまな理由があり、今もなお、社会の中で存在し、人気を博しています。
コスチュームは、人のアイデンティティを変え、特定の架空の人物に見せることを目的としています。俳優にとって不可欠な道具である衣装は、単純な衣服の変更から、精巧で複雑な芸術的衣装まで、実に多様です。また、カーニバルやハロウィン、映画、ゲーム、コミックなどのイベントも盛んで、世界のコスチューム市場は著しく拡大し、DIYコスチュームの創造性にも火をつけています。

デジタルコスチューム・デザイン

3Dプリンターやデジタルデザインは、コスチュームデザインのプロセスでますます採用されてきています。これらの技術の多様性と柔軟性は、これまで想像もつかなかったような作品を実現するのに役立っています。では、その優れたデザインが、着る人にぴったりとフィットするとしたら、どうでしょう。そして、このソリューションをプロフェッショナルが利用することで、実際にどのような結果が得られるのでしょうか。
ハリウッドのメイクアップエフェクトアーティストにEinScan Hを使用していただいた結果を見ていただきましょう。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーからEinScan Hまで

ウィル・ハフ氏は25年以上映画業界に身を置き、メン・イン・ブラック、パイレーツ・オブ・カリビアン、ソー、オーシャンズ11、パール・ハーバーなど、数多くの有名大作に関わった素晴らしい経歴を持っています。彼の仕事は、義肢装具、アニマトロニクス、特殊衣装、特殊小道具など、多岐にわたるといいます。
ハイテク、特にロボット工学の分野で活躍する彼は、映画産業で学んだ技術や素材を活かしています。
「数年前、テクノロジーに何かが起こりました。ロボット工学、人工知能、3Dプリンティングが進化・融合し、ロボット工学の新時代が到来したのです。これらの新しいツールにより、ロボットを作ることは、もはや大企業や大学だけのものではなくなりました。」
-ウィル・ハフ、ハリウッドメイクアップエフェクトアーティスト
テクノロジーのエキサイティングな融合が進む中、ウィルは最初の大きなプロジェクトとして、子供の頃にロボット工学に夢中になった「ロスト・イン・スペース」のロボットのレプリカを自作することに着手しました。現在までに、ウィルは飲み物を提供するロボット「バーテンダー・ドロイド」など、いくつかのロボットを製作し、その過程でさまざまなデジタル製造技術に精通するようになりました。
3Dスキャンから3Dプリントへのワークフローと映画産業で培った技術を駆使して、ウィルは驚くほど美しいフェイスマスクをデザインし、彼の子供たちのためにぴったりとカスタマイズしたコスプレやハロウィンのコスチュームを制作しています。

そのコスチュームとは 3Dスキャン、Zbrush、3Dプリントで実現したカスタムスカルマスクです。

頭蓋骨のスキャン

  画像1:EinScan Hで頭蓋骨をスキャンしているウィル氏

ウィルは、EinScan Hで頭蓋骨をスキャンすることからデザインを始めました。この頭蓋骨が、プロジェクト全体のインスピレーションとなりました。

シリコン型

画像2:人間の頭部のコピーを作成する従来の方法

「特殊メイクでは、シリコンを使って頭部のコピーを作ります。多くの場合、それは少し面倒で、時にはシリコンの下にいる人に本当に負担がかかり、このプロセスを経ることは子供にとって非常に難しいことです。だから、スキャンが助けになるんです!」-ハリウッドメイクアップエフェクトアーティスト ウィルハフ氏

子供のスキャンは、ゴムキャップをかぶせて髪を平らにし、フェイススキャンモードで頭部をスキャンしました。

頭部のスキャン

画像3:EinScan Hで頭部をスキャンしている様子

スキャンが完了すると、ウィルはスキャンデータをZbrushにインポートしてクリーンアップし、その上でカスタムモデルを構築してサイジングしました。
「私が編集したスキャンデータは実寸で、つまりそのモデルをZbrushに持ち込めば、モデルの実寸はミリ以下のレベルまで正確です。」-ハリウッドメイクアップエフェクトアーティスト ウィルハフ氏
3Dスキャンデータがあれば、どんなデザインでもカスタムフィットさせることができるということが、ウィル氏の衣装デザインのさらなるプロセスを助けてくれました。
「私の子供たちのために、例えばハロウィンで着られるような、連結式の頭蓋骨を作りたかったのです。子供たちの頭の大きさはそれぞれ違うので、それぞれに合うように頭蓋骨の大きさを調整することができます。-ハリウッドメイクアップエフェクトアーティスト ウィルハフ氏

サイジング

画像4:頭蓋骨のスキャンデータを頭部のスキャンデータにぴったりと合わせるためのサイジング

アートデザイン

画像5: 頭蓋骨にデザインを追加する

顎のデザイン

画像6: 顎の関節をデザインし、頭蓋骨が “口 “を開けることができるようにする。

最終的な頭蓋骨のデザイン

画像7: Zbrushでの最終的な頭蓋骨のデザイン

EinScan Hのおかげで、それぞれのマスクはカスタムフィットです!」-ハリウッドメイクアップエフェクトアーティスト ウィルハフ氏

データ作成

画像8: 3Dプリントのためのデータを準備する

塗装

画像9: 3Dプリントして組み立てたマスクの塗装

完成

画像10:不気味なコスチュームにぴったりな、最終的なドクロマスクです

「これは驚異的な技術だと言わざるを得ません。本当にそうです。もしあなたがアーティストで、購入する予算があるのなら、コンピュータの中で多くのバーチャルなことをするのなら、ぜひお勧めします。これは信じられないようなツールです。」-ハリウッドメイクアップエフェクトアーティスト ウィルハフ氏

まずは、ご相談ください。

3Dプリンターの選択、3Dプリンターの材料コンサル、3Dプリンター向けのデータ再設計、
設置教育など、トータルのソリューション提案ができるのが、日本3Dプリンター株式会社です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

03-6683-9789

その他の事例

PAGETOP