日本3Dプリンター株式会社

導入事例

北米の伝説は本当に存在するのか?米国旅行チャンネル EinScan Pro 2Xを使用して古くから伝わる謎の核心に迫る

  • Einscan
  • 製造業
  • デザイン
  • 研究・医療

歴史上、北米でビッグフットが目撃された記録は数千件にのぼります。目撃者の証言によると、ビッグフットの体は毛で覆われ、身長は2メートル以上、足は普通の人よりはるかに大きく、「野蛮人」と表現するような姿をしているそうです。アメリカの有名な旅行チャンネルで「ビッグフットの調査」というテーマのフィールド・ドキュメンタリー番組が放映されました。21日間の探検で、調査チームは最新の科学技術機器を使い、最先端のデータアルゴリズムによって、北米に伝説のビッグフットが存在する証拠を探し出します。

ビッグフットの存在を証明するためには、足跡が非常に有力な証拠となります。激しい捜査の中、足跡を迅速かつ正確に保存することは、捜査チームにとって極めて重要な課題となりました。そこで、専門的な3Dスキャン技術で高精度の足跡データを入手したいと考え、早い段階からShining3Dにコンタクトを取りました。その結果、調査隊は多機能ハンドヘルド3Dスキャナー「EinScan Pro 2X」を持参し、巨大怪獣探検の旅に出ることになったのです。

従来の方式に代わる3Dデジタル化

従来、類似の足跡調査には石膏保存模型を使用するのが一般的でしたが、これは操作が面倒なだけでなく、時間もかかります。3Dスキャン技術では、足跡の3Dデータをわずか数秒で取得することができます。研究において、巨大で重い石膏模型を持つ必要はなくなりました。コンピュータ上で3Dスキャンを行うことで、高精度な3Dモデルの詳細をコピーしてアーカイブし、完全な3Dモデルを復元して正確な測定データを得ることができます。

従来の石膏模型

3Dスキャン

EinScan Pro 2Xシリーズは、パターン光を用いて実物の形状・外観データを取得し、3Dデータを作成することができます。

調査工程

調査チームは険しい森の谷間を移動する必要があります。3Dスキャナー「EinScan Pro 2X」は軽量で持ち運びが簡単です。数日間の探索の後、調査チームはついに深い森の中で謎の巨大な足跡を発見しました。

移動の前に、SHINING 3Dチームは調査チームに3Dスキャン装置の使い方を簡単に紹介しました。3Dスキャン技術の経験がなくても、2人のメンバーはすぐに装置の使い方を理解し、探査の過程で3Dスキャンを巧みにこなしました。

データ解析

高精度なスキャンデータを取得した後、フィールドチームは人類学者のメルドラム博士に3Dデータを送りました。メルドラム博士は、過去に取得したデータとの比較を通じて、足指が明瞭で、中足骨のパッドが平らで、歴史的に記録されている大きな足の特徴を持つ足跡は、基本的にビッグフットの歴史的記録と一致することを発見しました。もちろん、足跡の3Dデータだけで結論を出すのは、まだ早いですが。

また、調査チームは、現在知られているどの生物とも一致しない奇妙な鳴き声を録音し、巨大な巣を発見し、未知の動物から怪しい毛を数本採取しています。もしビッグフットが本当に存在するならば、なぜこれほど長い間人間に発見されずに生きてこられたのでしょうか?ビッグフットの謎は今なお科学者たちの脳裏をよぎっています。テクノロジーによって、この謎の生物の真のベールがはがされる日が待ち遠しいです。

まずは、ご相談ください。

3Dプリンターの選択、3Dプリンターの材料コンサル、3Dプリンター向けのデータ再設計、
設置教育など、トータルのソリューション提案ができるのが、日本3Dプリンター株式会社です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

03-6683-9789

その他の事例

PAGETOP