日本3Dプリンター株式会社

導入事例

EinScan、150年にわたるシンガポールの伝統工芸品をデジタル化

  • Einscan
  • 教育
  • デザイン
  • 研究・医療

多様な文化が共存し、それぞれの魅力を発揮する素晴らしい近代国家シンガポールには、世界中から多くの観光客が訪れています。
そんなシンガポールの街を歩くと、印象的なお店があります。それは近代的な街区の雰囲気と異なり、道教や仏教の神々の精巧で色鮮やかな肖像画が豊富に展示されています。
Say Tian Hng Heritage Workshopは、中国の塑像を伝統的な手法ですべて手作りし、修復している、シンガポールに現存する最後の工房と言われています。

このケーススタディでは、手工芸品の遺産を適切に保護し、貴重な文化を継承するために、3Dスキャンによって塑像の保存を最適化する方法を探ります。

 

Say Tian Hngヘリテージワークショップの挑戦

1896年、中国福建省の金門からシンガポールに渡ってきたNg一家が、家族で店を開いたのが始まりです。現在は、Tze Yongの父Ng Yeow Huaと祖母Tan Chwee Lianがこの彫像店を切り盛りしています。

この工芸品はシンガポール政府から重要文化財に認定されている一方、実は消滅の危機に瀕しています。

1.習得の難しさ
徒弟制度のため、像の全体像を把握することが困難でした。彫像師の弟子は彫像の一部分しか学ばない傾向があり、短期間で独立して彫像を作ることが難しく、そのため芸術的な技法が容易に失われてしまいます。


肖像画の各部分で分割するのが一般的な制作方法です

2.経験に依存した制作
いくつかの古い像をリデザインや制作に使用する際、これらの塑像は摩耗していたり、切断されていたりすることが判明し、これも再現を困難にしています。そのため、マスターの記憶や経験に頼って再現することが多大な負担となっていました。

3.大量生産が不可能
Chwee LianとYeow Huaの両氏は、チーク材やクスノキ材のブロックから手作業で神像を作り続けています。この複雑で骨の折れる作業は、完成までに数週間かかることもあり、こうした神像を大量生産することは困難です。


手作りの作業風景

EinScanによる文化遺産の保護貢献

この古代の工芸品を保護するために、Tze Yong氏はシンガポール政府の支援を受けて、この100年の歴史を持つ偶像のビジネスにEinScan HXを導入しました。現在、このスキャナーは彼らの家業に多くの新しい可能性をもたらしています。


EinScan HXで得られた高精細な出土品のデジタルモデル

 

3Dスキャンしたモデルは、従来の製造指示とは異なり、空間と時間の境界を突破し、オンラインで無制限に転送でき、ソフトウェアで拡大することも可能です。製作者は、実寸大のディテールデータで塑像の細部を検討することができ、塑像の解体後も再設計も可能です。また、デジタルモデルはオンラインで表示することができ、世界中の人々があらゆる側面から肖像画のユニークな魅力を体験でき、将来的にはオンラインAR/VRショッピングや遠隔での注文も可能になります。


洗練されたデータモデル

3Dスキャンが保存の問題を解決する方法

Tze Yong氏はまず、EinScan HXを使って、店内にある数十体の像の高精度な3Dデータモデルを取得しました。そして、そのモデルを分類してアーカイブとして保存し、後で簡単に閲覧できるようにしました。


像のデータアーカイブ


データアーカイブの活用

 

一方、Tze Yongは、これらの伝統的な偶像をベースに新しい神話的な人物をデザインし、3Dプリントによって発表することも計画しています。これにより、さまざまなサイズのニーズに対応できるだけでなく、新製品の試行錯誤のコストを削減し、手作業による生産の不確実性を大幅に減らし、彼の古美術店に新たな価値を生み出すことができるのです。

Tze YongがデザインしたSun Wu Kongのオーナメント作品

 

3Dデジタル技術の活用は、伝統工芸を放棄するものではありません。像の製作にはまだ多くのフォローアップ作業が必要で、像の態度や微笑みは芸術的な技術に依存しているとTze Yongは述べています。


Ng Yeow Huaはまだ手作業で細部を塗る必要があります

まとめ

3Dデジタル化技術の導入に対する反応は、全体的に非常にポジティブで熱狂的なものでした。シンガポール国立遺産局(NHB)の担当者によると、この古い工房に若い人たちを惹きつける機会が増えるかもしれないとのことです。今回のようなプロジェクトは、3Dデジタル化技術が文化遺産の認識や保存の仕方を変えていることを示す素晴らしい例です。

150年前、この肖像画店の創設者たちは、彼らの子孫がいつの日か3Dスキャナーで手仕事を再現するだけでなく、家にいながら360度間近で探検できるようになるとは想像もしていなかったことでしょう。

この記事は、8world YouTubeチャンネルから転載しています。
リンクをクリックすると、フルビデオをご覧いただけます。

まずは、ご相談ください。

3Dプリンターの選択、3Dプリンターの材料コンサル、3Dプリンター向けのデータ再設計、
設置教育など、トータルのソリューション提案ができるのが、日本3Dプリンター株式会社です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

03-6683-9789

その他の事例

PAGETOP