日本3Dプリンター株式会社

導入事例

「医療活用」人間3Dスキャン

  • Einscan
  • 研究・医療

3Dプリント個別ヒールカップの研究に適用されている「EinScan-Pro」
足底筋膜炎の治療における3Dプリント個別ヒールカップの治療効果と生体力学的メカニズムを研究する南京大学医学部に所属するドラムタワー病院の学者は、
彼らの研究にはに3Dデジタル及び3Dプリンティング技術を適用しました。研究は、3Dプリントされた個別ヒールカップが足底筋膜炎の治療のための効果的な方法として使用されることが出来ることを証明しました。

足底筋膜炎の痛みとは何か?
足底筋膜炎(PHP)は、腫骨の周りに発生する痛みを伴う症候群です。慢性的な痛みはスポーツや日常活動の減少につながる可能性があります。
3Dスキャナーでの研究方法:
実験は3つの部分に分けられました:ヒールカップの設計と製作、臨床評価とFEモデルシミュレーションになります。
ヒールカップの設計と製作の過程で、患者の足とふくらはぎは多機能ハンドヘルド3Dスキャナー「EinScan-Pro」でスキャンされました。(※「EinScan-Pro」の販売はすでに終了しまして、現在は、その進化機種「EinScan-2xPro」と「EinScan-2xPro Plus」になります。)スキャンしたデータはSTLファイルにエクスポートされて、CADソフトで編集して、設計したデータを3Dプリンターで製作します。

3Dプリンター足底ヒールカップの有無にかかわらず患者の状態をデータ分析し、患者からのフィードバックを収集することによりその結果、3Dスキャニングと3Dプリントの組み合わせによる個別ヒールカップは足底筋膜炎の治療のための効果的な方法であることが実証された。日本3Dプリンター株式会社は3Dスキャナーと3Dプリンターのソリューション技術を提案することができます。

その他の事例

PAGETOP