日本3Dプリンター株式会社

導入事例

「設計・デザイン」バーチャルショッピング家具

  • Einscan
  • デザイン

オンラインショッピングは非常に一般的です。オンラインサイトは商品をアピールするため、現在写真、ビデオ、及びテキストは潜在的な顧客を引き付けるために広く使用されています。今回のクライアントは、店舗内およびオンラインの顧客体験を向上させるため、3D仮想ショッピングツアーなどの先進技術を求めています。3Dスキャンでは、物理的なオブジェクトを高速で3Dモデルに変換します。これをオンライン広告の仮想表示に使用できます。
特に、家具業界にとっては、3Dバーチャルディスプレイは家具のユニークなデザインと繊細なディテールを表示することができ、競合他社から際立っています。様々なサイズの多数の家具の高品質な3Dデータを取り込むために、EinScan Pro 2X多機能ハンドヘルド3Dスキャナーは効率的で革新的な方法を可能にします。
深センにある「Lexcent 3D Printing」は、最近EinScan Pro 2Xを使用して、インラインストアの家具体験センターでブランドの家具をデジタル化しました。フルカラーのテクスチャだけではなく3Dモデルのキャプチャーからデータの後処理まで、家具の3D表示のための統合ソリューションを形成しました。


スキャンしたモデルを後処理用にCADソフトウェアにインポートします。まず、データの完全性をチェックし、次に座標を調整し、テクスチャマッチングを実行し、そして最後にディテールとデジタル効果を処理します。これらの手順を完了すると、データはレンダリングのためにKeyshotにインポートされます。最終的な作品は、サイト上に3Dシーンの形で表示されました。

モバイルデバイスで家具の3Dモデルを探索する顧客は、物理的な家具店を歩き回って自分のアパートを完全に見ているようなので、自分の家のためのアイテムの閲覧や選択に役立ちます。

その他の事例

PAGETOP