日本3Dプリンター株式会社

導入事例

アプリケーションライブラリ エネルギーチェーンブラケット

  • Markforged
  • 製造業

部品名                 エネルギーチェーンブラケット

お客様                 アルコン

ロケーション      ジョージア州、アメリカ合衆国

材料                    オニキス、連続炭素繊維

用途                    最終用途部品

業界                    製造

3Dプリントされたエネルギーチェーンブラケット

アルコンは世界最大のアイケアデバイス会社であり、70年以上の経験が人々の完璧な視界を支援してきました。70か国以上にオフィスがあり、140か国に患者がいるため、責任あるビジネス慣行と高品質の製品で定評があります。その評判を維持するには、販売されるすべての製品に対して厳格な品質管理措置が必要です。

コンタクトレンズは、社内とアイケア業界の両方によって設定された、特に厳しい品質要件に直面しています。すべてのレンズは、ドアから出る前にさまざまな検査を受けます。自動化によりプロセスが合理化され、手作業と人的エラーの両方が排除されましたが、自動化には独自の問題があります。アルコンがラインをアップグレードするとき、新しい機器を既存の機器に改造するためにカスタムブラケットが必要です。時々、それらの解決策は後付けとして扱われます。また、短期的なソリューションは「段ボールで設計」されているため、ラインのダウンタイムを回避するために、コストが高くなり、予防保守(PM)により多くの時間が費やされます。アルコンは、Markforgedプラットフォームを使用して、エンジニアリンググレードのコンポーネントを使用しながら、24時間以内にソリューションを迅速に実装しました。

たとえば、エネルギーチェーンブラケットは、工程内検査に使用されるアルコンのビジョンシステムの1つにケーブルを配線します。アルコンは、センサーを配置するケーブルを交換するための予防保守をスケジュールしました。問題は、エネルギーチェーンの50mmの曲げ半径に起因していました。アップグレード中に誤った仕様を使用したために残った、間違った半径です。ケーブルを定期的に交換すると、資本資産に費用、労力、およびダウンタイムが発生します。

カスタムエンジニアリングソリューションを実装することにより、アルコンは稼働時間を増やし、交換に必要な在庫を減らすことで利益率を高めました。ダウンストリーム効果により、ビジョンシステムのサービスに必要な月額4時間の運用コストが削減されました。正しいブラケットの機械加工には、1回限りの費用が250ドルもかかり、到着までに4〜6週間かかりました。これは、ジョブショップが1回限りの注文を行う場合です。一方、ブラケットの3D印刷バージョンは、40ドルの費用がかかり、設計を完成させてからわずか24時間後にチームの手に渡りました。これらの節約は、各PMサイクルのダウンタイムと人件費に加えて行われます。

その他の事例

PAGETOP