日本3Dプリンター株式会社

導入事例

カーボンファイバーで強化されたクランプビット

  • Markforged
  • 製造業

 

部品名:         クランプビット
お客様:         AMME
ロケーション:      ブルゴーニュフランシュコンテ、フランス
材料:          オニキス、連続炭素繊維
アプリケーション:    最終用途部品
業界:          製造業

 

 

3Dプリントクランプビット

AMMEは、自動車、製薬、および農産食品業界向けの組立ラインロボットおよびその他の特殊機械を設計および製造するフランスの産業メーカーです。AMMEの設計チームは、顧客のプロトタイプや生産機械の多くの1回限りの部品を管理します。これらは、コストがかかり、外部委託が複雑で、従来の社内方法を使用して生産するのが困難です。AMMEは、産業のストレスに耐えることができる少量の複雑な部品を製造するための新しい方法を探していました。

チームは、従来の方法では製造が難しい複雑なアルミニウムクランプビットから始めました。彼らはMarkforged 3Dプリンターを使用してクランプビットを印刷し、使いやすく、丈夫で軽量な部品をすばやく製造できることを発見しました。AMMEの設計者とエンジニアは、カーボンファイバーで強化されたオニキスでクランプビットを一晩印刷し、その高い強度、品質、およびコストに感銘を受けました。これは、従来の代替品よりも10倍安価です。その後、AMMEは外部サプライヤーの必要性を減らし、現在、すべての部品の約10%がMarkforgedテクノロジーを使用して3Dプリントされています。

その他の事例

PAGETOP