日本3Dプリンター株式会社

導入事例

3Dプリントされたカスタムフィルターハウジングアセンブリ

  • Markforged
  • 製造業

部品名:       カスタムフィルターハウジングアセンブリ

お客様:       Seele GmbH

ロケーション:    ドイツ、バイエルン州

材料:          ONYX

応用:        最終用途部品

業界:        製造

ソウルGmbH

Seele GmbHは、建築家の野心的なデザインを機能的な建物に変えるドイツの会社です。彼らは建物の外面(封筒、ファサード、屋根)を専門とし、初期設計から実際の建設までのプロセスのすべての部分を監督します。Seeleは、クリエイティブなクライアントのためにオーダーメイドのパーツを常に製造しています。3D印刷は、複雑な部品を迅速に製造し、設計と完成部品の間のギャップをより簡単に埋めるための柔軟な方法をSeeleに提供します。Markforgedの連続カーボンファイバープリンターは、さらに役立ちます。今では、高機能のプロトタイプや、ファサードの最終用途の部品を製造することができます。

最近のファサードの設計および構築プロジェクトでは、Seele GmbHは、窓のフレームの近くにカスタムフィルターアセンブリを実装する必要がありました。彼らのエンジニアは、連続炭素繊維強化オニキスからフィルターハウジングアセンブリを迅速かつ安価に印刷できることに気づきました。彼らはMarkforgedプリンターを利用して、このフィルターハウジングを作成しました。既製の購入部品とシームレスに統合できるため、窓に簡単に取り付けることができます。

 

その他の事例

PAGETOP