日本3Dプリンター株式会社

導入事例

オニキスでセンタリングローラーを製作

  • Markforged
  • 製造業

 

部品名:    カスタム仕上げ機用センタリングローラー
お客様:    IMCGグループ
ロケーション: ブルゴーニュフランシュコンテ、フランス
材料:     オニキス
応用:     最終用途部品
業界:     製造

カスタム仕上げ機用の3Dプリントセンタリングローラー

IMCG

IMCG Groupは、ボイラー製造、一般機械工、および産業メンテナンスのフランスのスペシャリストであり、鉄鋼業界向けに複数の機械を製造してフルサービスを提供しています。彼らは主にプロトタイピングのためにMarkforged3Dプリンターを使い始め、連続繊維で強化された3Dプリント部品の機能に驚いていました。特殊な大型仕上げ機の高度にカスタマイズされた注文を受けたとき、彼らはコストとリードタイムを削減するために3Dプリントに目を向けました。
IMCGは年に1、2回大規模な仕上げ機を製造しています。これらのマシンは完全にカスタムであり、複数の固有の部品が必要です。このセンタリングローラーのような部品は、通常、社内で機械加工されるか、金属から外注されますが、年間生産量が少ないため、特にコストと時間がかかりました。繊維強化オニキスの3D印刷機械部品(センサーサポート、ローラーガイド、センタリングなど)は、コストを削減し、サプライチェーンを簡素化し、IMCGがカスタム製造および交換部品のデジタル在庫をオンデマンドで維持できるようにします。

その他の事例

PAGETOP