日本3Dプリンター株式会社

導入事例

「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

  • Einscan
  • 教育
  • 研究・医療

人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。したがって、研究には脳波を捉え、それらを素早く正確に信号に変換することが必要です。
科学アカデミーの委託を受けて、Prod-ladは脳波の研究のためにEinScan Pro 2X Plusを使い、人間の頭をスキャンすることによって完全に人の頭にフィットするオーダーメイドのヘルメットを作成しました。
1.ヘッドスキャン
Prod-ladのエンジニアは、手持ちの3DスキャナーEinScan Pro 2X Plusを使って人間の頭をスキャンしました。エンジニアがスキャナーを動かすと、頭部の3Dデータがリアルタイムで表示されました。素早く簡単な操作で、ヘッドデータのスキャンが完了しました。

2.リバースエンジニアリング
人間の頭の3Dデータを取得した後、Prod-ladのエンジニアはFusion360ソフトウェアを使用して、センサーの正確な位置決めを容易にするテストヘルメットを設計しました。

3.ヘルメットデザイン
エンジニアは収集した点群データに従って最終的な頭部モデルを設計しました。その後作成された頭のモデルによってヘルメットジャックの位置を決定しました。



4.3Dプリント
24時間処理した後、脳波のヘルメットは強化された感光性樹脂を使用して3Dプリントされ、SLA 3Dプリンターを使用して高強度の樹脂で脳波ヘルメットを作りました。
光造形3Dプリンターを使用して24時間ほどの造形で、脳波ヘルメットを製作しました。

5.頭に装着
クライアントはヘルメットを試着しましたが、頭にぴったり合っていました。

高速度と高精度3Dデータを取得できる日本3Dプリンター株式会社の3Dスキャナー「EinScan」は、幅広い研究やプロジェクトに対応可能です。

その他の事例

PAGETOP