日本3Dプリンター株式会社

導入事例

Markforged 3Dプリンターで設計から完成品まで生産を短期間で実現した

  • Markforged
  • 製造業

部品名:空気圧コイル挿入アセンブリツール

お客様:ブロメテウスライト

ロケーション:カリフォルニア、アメリカ合衆国

材料:オニキス、連続炭素繊維

応用:工具と備品

業界:製造

 

3Dプリント空気圧コイル挿入アセンブリツール

プロメテウスライト

Prometheus Lightsは、懐中電灯、ペン、キーホルダー、世界最高精度のこまなど、クラス最高のさまざまな製品を設計および製造するプレミアムEDC(Everyday Carry)ブランドです。同社は、製造業務を最適化し、リードタイムを短縮して販売に対応し、新製品開発の時間を確保する方法を常に模索しています。カッパキーホルダーは、プロメテウスライトのボリュームでトップの製品ですが、比較的低収益のアイテムです。この製品の需要が高まるにつれ、面倒な組み立て作業は拡張できず、問題が発生し、費用がかかりました。チームは、プロセスの労働集約的な部分の一部を自動化する必要があることに気づきました。

彼らが行った最初の改善は、傾斜したコイルスプリングを自動的に挿入するカスタム空気圧ツールを構築することでした。Markforged Mark Twoはこの仕事に最適で、最初の試行でツールを完全に印刷しました。彼らは、生産を中断することなく、CAD設計から完成した生産ツールに数週間ではなく2日で移行することができました。プロメテウスライトの所有者であるJasonHui氏は、次のように述べています。「Markforged 3Dプリンターの真の強みは、最初の試行で必要なプリントを取得することです。これは、私たちが試した他のプリンターの大きな失敗です。」完成したツールは、半熟練労働を必要とする15秒のプロセスを、誰もがやりたいと思う3秒の非熟練タスクに変えました。

その他の事例

PAGETOP