日本3Dプリンター株式会社

markforged

製品メニュー

誰でも使いやすい
カーボンファイバー3Dプリンター

Markforgedデスクトップシリーズ

  • Mark Two
  • Onyx Pro
  • Onyx One

カーボンファイバーを造形できる
初めての3Dプリンター

鉄の4分の1の軽さで、10倍の強度を持ったカーボンファイバー(炭素繊維)は、加工が非常に困難な短所を持つ素材です。Markforged(マークフォージド)の3Dプリンター「Mark Two」は、カーボンファイバーでの造形を世界で始めて可能にした3Dプリンターです。

表面はOnyxやナイロンを使い滑らかに、内部をカーボンファイバーで造形することで、比類なき強度と精度での造形が可能です。

デスクトップシリーズ

比類なき強度を卓上サイズで

Mark Two

部品としてそのまま使える今までにない強度を卓上サイズで実現

Mark Twoは卓上サイズの3Dプリンターでありながら、造形されたカーボンファイバーは高い強度を持っています。
そのため、自動車や航空宇宙分野などの強度が要求される領域での部品、冶具、工具などの用途で活用することが出来ます。

Mark Two 仕様書

Onyx Pro

強度のあるパーツを手軽な価格でご提供

Onyx ProではOnyxとファイバーグラスが利用可能です。Onyxの強度に加え、更にファイバーグラスを利用することで従来の樹脂でのパーツとは異なる機能性を持たせてご利用ができます。

Onyx Pro 仕様書

Onyx One

滑らかな表面を保ちながら、ABSの約2倍の強度を誇る

Onyx Oneは初めてプリンタを導入鵜する方でも長くお使いになれるタイプのプリンタです。
Markforged社開発の樹脂材料「Onyx」での造形パーツの出来上がり具合は美しくプロトタイプとしても十分に使えます。

Onyx One 仕様書

カーボンでの造形工程

Mark Two、Onyx Proの3Dプリントは、2つの材料の組み合わせから形成されます。樹脂材料が表面を覆い、カーボンファイバーなどの繊維材料が内部の構造を強化します。 これはMarkforged独自の造形プロセスであり、通常の3Dプリントよりも遥かに強靭なパーツを3Dプリントすることができます。

Onyx Oneでは、繊維材料が不可であるため、下記process2はございません。

process 1データの設計

データの設計

部品を3DCADで設計し、STLをソフトウェアにアップロードします。プリントする素材を、Onyx、カーボンファイバーや、グラフファイバーまたはケブラーなどの複合材料から選択します。

process 2ファイバー素材で強化

ファイバー素材で強化

Mark TwoとOnyx Proiは、複合繊維材料を一度に1つのレイヤーに造形することができます。

process 3パーツの完成

パーツの完成

完成されたパーツは、航空機用のアルミニウムと同等の強度で、40%以上の軽量です。これにより、機械加工された金属工具、治具、試作品を置き換えることができます。

高強度なので、
治具や部品として使用可能

Mark Twoでは、外側はOnyxなどの樹脂、内部はファイバー素材で強化することで、造形物の強度と剛性、耐久性は比類ないものに仕上がります。
そのため、製造工程で使用する治具や、強度を要求される部品の製造を3Dプリンターで行うことが可能となります。
現在は、生産用の治具を作るには長い時間と大きなコストが必要です。しかし、「Mark Two」を使えば従来の数分の1の時間とコストで、実際に支えるパーツを入手することが可能となります。

デスクトップシリーズ

他に類を見ない強靭さを発揮する素材

Mark Twoでは、造形物を強化するために、他の3Dプリンターでは扱うことが出来ない素材を使用することが可能です。用途に合わせて、カーボンファイバーやファイバーグラス、ケブラーなどを使い分けることが出来ます。
例えば、高耐熱 ファイバーグラス素材で出力した造形物は、射出成型用の型として使うことも可能です。

デスクトップシリーズ

3Dプリントで顧客の要求を満たしたパーツを作成

顧客から要望されたバイス(万力)の要求を金属製カスタムバイスとして制作を検討していましたが、600,000万円を超える高額費用になるところで、Onyxと連続繊維のカーボンファイバーを利用した3Dプリントで顧客の要求を満たしたパーツを作ることができました。

デスクトップシリーズ

デスクトップシリーズ

使いやすいソフトウェア

複合繊維による3Dプリントにおいて、当社のプリンター独自の技術と同じくらい重要なのが このソフトウェアです。
MarkforgedのソフトウェアであるEigerは強力でありながら操作は簡単。図面のインポートや高強度の造形のためのスライスを、お使いのブラウザー上で簡単に行えます。
Eigerソフトウェアをお試しでご利用したいとご検討されるお客様に、無料でご提供し弊社プロによるサポートを行いますので、お問い合わせください。

お試しでソフトウェアEigerを使ってみる

SPEC製品スペック

製品 Onyx One Onyx Pro Mark Two
ビルド容積 320 mm x 132 mm x 154 mm
ノズル本数 1 2 2
選択積層ピッチ 100μm, 125μm, 200μm
樹脂材料 Onyx Onyx Onyx
Nylon white
繊維材料 なし ファイバーグラス
  • カーボンファイバー
  • ファイバーグラス
  • 高耐熱性ファイバーグラス
  • ケブラー
樹脂材料トラブル検知 -
電源 100-240VAC, 150W(ピーク時2A)
重量 16kg
筐体寸法 584 × 330 × 355 mm
同梱物
  • 800cc Onyxスプール
  • 樹脂材料用替ノズル × 3本
  • 必要工具等
  • プリントベッド
  • 樹脂材料保管用ドライボックス
  • クラウド型Eiger(ソフトウェア)
  • 800cc Onyxスプール
  • 50cc ファイバーグラス
  • 樹脂材料用替ノズル × 3本
  • 繊維材料用替ノズル × 3本
  • 必要工具
  • プリントベッド
  • 樹脂材料保管用ドライボックス
  • クラウド型Eiger(ソフトウェア)
  • 800cc Onyxスプール
  • 50cc カーボンファイバー × 2
  • 50cc ファイバーグラス
  • 50cc 高耐熱性ファイバーグラス
  • 50cc ケブラー
  • 樹脂材料用替ノズル × 3本
  • 繊維材料用替ノズル × 3本
  • 必要工具
  • プリントベッド
  • 樹脂材料保管用ドライボックス
  • クラウド型Eiger(ソフトウェア)

迅速かつ充実したレスポンス

スピーディなレスポンス

3Dプリンター機器を導入検討している方、既に導入済みだがどう活用して良いか分からない。と言った悩みを抱える方に対し、様々な支援をおこなっています。

迅速な修理対応

迅速な修理対応

最短期間で修理対応や部品交換を行い、専門スタッフによる万全の体制で安心と確かなクオリティを提供します。

メーカー認定技師在籍

メーカー認定技師在籍

メーカー認定技師保持者が在籍しておりますので各種トラブルやお客様のご要望に合わせてお手伝いをします。

Markforged 技術認定者

日本3Dプリンター株式会社では
Markforgedの技術認定者が製品をサポートします。

  • Markforged 技術認定者
  • Markforged 技術認定者
  • Markforged 技術認定者

PAGETOP