日本3Dプリンター株式会社

導入事例

機内管理ソリューション ―機内装飾品等の改造

  • Markforged
  • 製造業
  • デザイン

部品名 :機内装飾品
場所 :米国テキサス州
材料 :Onyx FR, Carbon
アプリケーション :最終製品部品
産業 :航空
プリンタ :X7

「航空宇宙では、顧客が要求する変更を加えるために、その場で適応できる高品質の部品を用意することが重要です。」
— CMS、エンジニアリング担当副社長、Jeff Pike

テキサスを拠点とするキャビン管理ソリューション(CMS)は、ビジネスおよび民間航空機向けのキャビン管理および機内エンターテインメントシステムを設計および製造しています。OEMのレガシーベンダーが営業を停止し、システムを修復できなくなったため、CMSは古いシステムの交換を求められることがよくあります。CMSが設計した製品は、サイズの異なる複数のエンクロージャーに収容されているため、従来の方法で製造すると、部品の製造に非常に費用と時間がかかります。

キャビン管理ソリューションチームは、従来の製造ソリューションに依存するのではなく、Markforged 3Dプリンターを使用して、機内エンターテインメントの改造など、少量で高価値の豪華なキャビンパーツを交換しました。これにより、コストが削減され、リードタイムが短縮され、装飾的なベゼルが必要なものすべてに電気メッキを施す機会がチームに与えられました。使用した材料は、FAR25.853に従ってテストされたチョップドカーボンファイバーを充填した認定UL94V-0定格難燃性ナイロンであるMarkforgedOnyxFRでした。

その他の事例

PAGETOP