日本3Dプリンター株式会社

導入事例

Markforgedアプリケーション:パイプクランプアダプター

  • Markforged
  • 製造業

部品名:パイプクランプアダプター
ユーザー名:BMFGmbh(ドイツ)
材質:オニキス、カーボンファイバー
用途:最終加工部品

Bernstein Mechanische Fertigung GmbH(BMF)は、2007年にDörteとRonnyBernsteinによって設立されました。その2人のチームから、BMFは機械工学および工業工学のグローバルな事業会社に成長しました。それらは、個々の部品、小シリーズ、およびプロトタイプのCNCおよびその他の製造方法のための後処理装置を提供します。

BMFは、金属部品の後処理に「スマート表面制御」(SSC)と呼ばれる独自の技術を採用しています。SSCには、サンドブラストや品質管理など、多数の固有のコンポーネントを必要とするいくつかの後処理ステップが含まれています。これらの部品の多くは、長いリードタイムに直面し、高価な保管に依存する複雑な製造プロセスを持っています。同社はMarkforgedプラットフォームに投資して、可能な限り多くの機械加工されたコンポーネントを交換し、それらの生産プロセスを合理化し、ストレージへの依存を最小限に抑えました。

彼らがプラットフォームに精通するにつれて、BMFはMarkforgedマシンが使いやすく信頼性が高いことを発見しました。彼らはMarkforged Eigerソフトウェアをワークフローに組み込み、耐摩耗性のOnyxと堅牢な連続炭素繊維からますます多くの部品を印刷し始めました。これらのコンポーネントは、サンドブラスト領域での使用に問題なく耐えることができ、交換したCNCフライス盤のコンポーネントよりもはるかに軽量です。

優れた価格対性能比は別として、MarkforgedマシンとEigerソフトウェアの使いやすさはチームに感銘を与えました。

BMFは、Markforgedを3D印刷技術の紹介として使用することを目的としていました。現在、彼らのトップ製品ラインの2つであるTwisterとTornadoは、Markforgedプリンターのサポートを受けて製造されています。Onyxと連続繊維で作られたコンポーネントは、極端なストレス下でも耐摩耗性と耐破損性が証明されています。ブラストエリアでも安心して使用できます。BMFは、粉砕されたコンポーネントに比べて50%の軽量化を実現できます。これにより、サイクルタイムが短縮され、重要なコンポーネントの摩耗が減少します。最も重要なことは、生産のリードタイムが数週間ではなく数時間で測定されることです。

印刷されたクラウンギアBMF3Dは、ベベルギアに動力を伝達し、シャフトとハブの接続として中央に四角形の形状のクロージャーがあります。ホイールはジェットエリアに配置されており、特に高い機械的および研磨性の要件があります。

動力伝達および最大3.5kgのワークピースの保持に使用される、製造されたベベルギアBMFには、印刷されたボールベアリングシートと保持リング用のくぼみがあります。オニキス印刷部品の耐久性と高い寸法精度のおかげで、ボールベアリングをコンポーネントに押し込むことができます。 BMF製のようなパイプクランプとチューブエクステンションは、標準の1インチバルブと4mmパイプを接続します。これらの部品を3D印刷することで、コストのかかる鋳造や在庫管理が不要になります。スケジュールの1日前に製造できます。

3DプリントされたLEDマシンライトは、大幅なコスト削減で複数の部品を組み合わせています。これは、1つのジョブで3つの部分からなる構築キットとしてOnyxで印刷されます。BMFは、各ユニットを独自のマシン設計に個別に適合させることができます。

最後に、印刷された「半月」のBMF 3Dは、ハウジングと中空シャフトの間にシールを形成します。2つの半分が挿入され、シーリング部品と一緒に差し込まれます。硬化後、接続は気密性と防塵性の両方になります。

BMFの成功は、3D印刷された部品が金属を適切に置き換えることができ、サプライチェーンの大きな問題を解決できる可能性があることを証明しました。スペアと交換部品を顧客に提供することです。BMFは、デジタルオンデマンド在庫の変革への影響を直接目にしていました。スケールアップすると、完全にデジタル化されたサプライチェーンが実現します。消費量の多い顧客は、自分のサイトにプリンタを実装し、必要なファイルをデジタルで要求し、必要な場所で必要なときにパーツを印刷できます。現在、BMFは、ロジスティクスコストを大幅に削減しながら、真の即時性を顧客に提供する優れたエクスペリエンスを提供します。

まずは、ご相談ください。

3Dプリンターの選択、3Dプリンターの材料コンサル、3Dプリンター向けのデータ再設計、
設置教育など、トータルのソリューション提案ができるのが、日本3Dプリンター株式会社です。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

03-6683-9789

その他の事例

PAGETOP