Markforged
導入事例

Cashcoがツールメーカーの満足度を保ちつつ、生産率を向上させた理由

90%
金属ツーリング作業の削減率
75%
製造時間の短縮率
3か月
償却期間

お客様
 Cashco社は、石油やガスから製薬まで、さまざまな業界向けの制御バルブ、レギュレーター、蒸気制御デバイスを専門とするグローバルな産業用制御メーカーです。同社は100年以上の歴史があり、米国とドイツにオフィスがあります。「配管がある施設はみな、我々の潜在的な顧客です」とCashco社の社長であるClint Rogersは言います。Cashcoの取引先には、Dow Chemical、Vopak、Pfizerなどが含まれます。

 Cashcoの製品は、制御弁からレギュレーターまで多岐にわたります。
チャレンジ
 Cashcoは、プロセスのフロー、圧力、温度、レベル、またはpHを正確かつ確実に制御する機器を製造するために、高精度の部品を必要とします。需要の高まりに対応するため、同社は生産ライン全体で多数のロボットアームを使用しており、それぞれにカスタムツールセットが取り付けられています。高品質の製品を提供してきた長い歴史を持つ企業として、同社は専門の工具メーカーや職人が各ロボットのカスタム工具を製造および保守してきました。しかし、専門の工具メーカーを見つけるのは難しく、Cashcoの取引先の工具メーカーも、少量のカスタムツールを製造する負担を感じ始めていました。Clint氏は、競争力を維持しながら顧客の需要に応えるには、自分達の考え方を変える必要があると気づきました。
「我々は変化に適応できなければなりません。前進する方法を何も考えずに、20年前、30年前と同じ行動を続けていては、確実に乗り遅れます」 — Clint Rogers、Cashco社長

ソリューション
 Clint氏は当初、工場の現場向けの強力な少量生産体制を確立するために、MarkforgedパートナーのD3 Technologies社からMarkforged X7 3Dプリンターを購入しました。
彼はまず、MarkforgedのX7がツールの作成を開始するまでのセットアップ時間の早さに感銘を受けました。アダプティブ・ベッドレベリングやプリプリント・キャリブレーション機能などの機能により、従来のジョブ間で行うオペレーターのセットアップ時間が事実上なくなるので、オペレータはツールの設計やCNCマシンの操作などの、より重要な業務に専念できるようになります。当初、チームの目標はユニバーサルロボット用のカスタムエンドエフェクター・グリップパッドを作ることでしたが、これはすぐに進化し、事前に機械加工された部品用のカスタムグリッドを構築して、切り替え時間を短縮しました。旋盤やミルに独自のサブプレートを設定する必要がある場合がありますが、これには機械工の時間が必要です。エンジニアはMarkforged X7を活用して、自分のマシン用のカスタム取り付けロケータープレートをプリントしました。ロケータプレートに順応性があることがわかったので、設計者は、ロケータプレートを1つだけでなく、複数の異なるマシンに使用できるようにしました。これにより、Cashco社は時間と費用を大幅に節約でき、CNCマシンは内部使用部品を機械加工する代わりに、収益を生み出すコンポーネントを製造する目的に変えて活用することができました。

チームはグリッパー(左)からサブプレート(右)まですべてをX7でプリントしています

 時間が節約できれば、カスタムツールに必要な労働時間の削減など、多くのレベルで生産にプラスになります。「機械専任エンジニアの1時間あたりの人件費があり、その機械の負担がある場合、これらのコンポーネントに触れて、プリントできるようにすることはできません」とClint氏は言います。X7 3Dプリンターによって節約された余分な時間のすべてが生産オペレーションに再割り当てされ、Cashco社はオーバーヘッドを削減し、ツールメーカーを再配置して生産コンポーネントを作成できるようになりました。これによって従業員の満足度も上がりました。同社はまた、3Dプリンターで節約したコストを労働力に再投資することに大きな重点を置いています。「チームが持っている才能をフル活用して、より多くの価値を日々の作業に付加させることができました」とClint氏は言います。「そしてその結果、社員の給与も向上しました」
 「3Dプリンタによって、同じ人数でより多くのことができるようになり、結果、より多くの給与を出すことができるようになりました。」— Clint Rogers、Cashco社長

今後
 Markforged X7プリンターを設計および製造プロセスで活用することで、Cashco社は自社の製品とプロセス改善に集中できるようになりました。そしてClint氏は、製品を継続的に改善しながら、職場をより楽しくする新しい方法を模索しています。Markforged 3Dプリンターを、たとえば、アセンブラーがスプリングを簡単に圧縮できるようにする特殊な3Dプリントデバイスの作成などに応用しています。
 「当社の専門分野の機械加工だけでなく、下流のコンポーネント組み立ての高速化にも役立ちました。」

関連記事一覧