日本3Dプリンター株式会社

お知らせ

Markforged年末キャンペーンのお知らせ️

2020.12.10

日頃より弊社をご愛顧いただき誠にありがとうございます。日本3Dプリンターでございます。この度、弊社取扱商品Markforged社製3Dプリンターに関しまして、キャンペーンを実施いたします。
2020年11月1日〜12月31日までのご購入で、Mark Two 3Dプリンターや各種材料セットをプレゼント!
詳細については、下記になります。

 

キャンペーン期間:2020年11月1日〜12月31日までの弊社へのご発注分
キャンペーン内容:以下の本体をご購入のお客様を対象のキャンペーンとなります。
キャンペーン適用条件:弊社既定の条件を満たしてないお客様には適用されない場合があります。

 

・Metal X【教育機関様向け】
Mark Two 3Dプリンターを1台プレゼント💰約300万円相当

 

・Metal X
サポート材×10巻, メタル 6種類×2巻💰約60万円相当
※金属材料の内訳は変更する場合があります。

 

・X7
Onyx ×10巻, Carbon Fiber 150cc ×3巻💰約50万円相当

 

・Mark Two
Onyx ×3, Carbon Fiber 150cc ×1💰約15万円相当

 

 

*キャンペーンの詳細や見積についてはこちらよりお問い合わせしてください

 

新技術を搭載した安全性の高い金属3Dプリンター Metal X

第4世代複合3Dプリント技術をベースにしたMetal Xは、まったく新しい種類の金属3Dプリンタです。
樹脂マトリックスに混合された金属粉末を印刷することにより、従来の金属3Dプリンターに伴う安全リスクを排除し、部品の軽量化とコストを削減しました。

造形面積:300 mm × 220mm × 180 mm
積層ピッチ:50μm
プリント方式:ADAM

アルミより50倍早く20分の1のコスト

カーボンファイバーは、厳しい用途に耐えることができます。6061アルミニウムと比べて40%軽量であり強力な剛性を持っています。 X7で造形された部品は、機械加工されたアルミニウムに比べて、50倍高速で20分の1のコストで作成することができます。

カーボンファイバーを造形できる初めての3Dプリンター

鉄の4分の1の軽さで、10倍の強度を持ったカーボンファイバー(炭素繊維)は、加工が非常に困難な短所を持つ素材です。Markforged(マークフォージド)の3Dプリンター「Mark Two」は、カーボンファイバーでの造形を世界で始めて可能にした3Dプリンターです。

表面はOnyxやナイロンを使い滑らかに、内部をカーボンファイバーで造形することで、比類なき強度と精度での造形が可能です。

*各製品の詳細内容につきましては、製品紹介をご覧ください。

PAGETOP