日本3Dプリンター株式会社

導入事例

Angus 3DSolutions:金属3D造形による改革

  • Markforged
  • 製造業
  • デザイン

Andy Simpsonは、3D印刷サービスプロバイダーの開設に向けて別の道を歩みました。彼は30年以上にわたり、アブダビ、ロシア、ドイツ、イギリス、スコットランドを含む世界中の石油およびガス製造施設を運営してきました。「石油価格が底を打ったとき、会社内での私の役割は非常に急速に変化しました」とアンディは言います。彼は、グローバルな施設を運営する人から、工場を閉鎖して人々を冗長にする人になりました。彼は会社を辞め、彼自身の事業を始めることに決めました。「自然なことは、私が伝統的な製造店に行って開くことだったでしょう」とアンディは言います。


(アンディシンプソン、Angus 3DSolutionsのマネージングディレクター)

代わりに、彼はブレチンベースの3Dスキャン、3D印刷、製造サービス会社であるAngus3DSolutionsを設立しました。
同社は顧客と協力して、従来の製造技術を使用して製造するのは実用的ではなかった部品を作成しています。「スコットランドには、この[3Dプリント]を行う場所はあまりありません」と彼は言います。彼のビジネスは急速に成長し、現在では、個々の起業家からスコットランドで最大の石油会社まで、幅広い顧客リストがあります。Angus 3Dには、MarkforgedMarkTwo」や「Metal X」などの3Dプリンターが社内にいくつかあります。「MarkTwo」は主に顧客向けの治具や備品の作成に使用されており、一部の顧客は現在、Onyxとカーボンファイバーに最適化するために設計を完全に変更しています。「オニキスは素晴らしい素材です」とアンディは言います。「それは私の期待を超えており、顧客の期待も超えています。」

サポート付きの造形物(材質:SUS630)

アンディは金属製の3Dプリンターを購入するつもりはありませんでした。彼は金属3Dプリンターは高価すぎて導入を検討してませんでした。Markforged 「Metal X」を知った時、彼はそれが完璧にフィットしていることに気づきました。「Markforgedに戻ってきたのは、彼らが私の課題が何であるかをもっと熱心に聞いてくれるようだったからです」と彼は言いました。彼は、スコットランド政府を通じてゼロウェイストスコットランドのサーキュラーエコノミー投資基金の助成金を申請しました。彼の目標は、スコットランド周辺の人々や産業が金属印刷を利用しやすくすることであると述べました。彼は1年以内に助成金を授与され、2018年後半に英国で最初の市販の「Metal X」をスコットランドに持ち込みました。人々は驚かされました。「正直なところ、このマシンを人々に見せることほど楽しいことはありません。彼らはそれに夢中になり、驚いています」と彼は言います。顧客は、市場に出回っている他の金属3Dプリンターと比較して、構造がそれほど複雑ではないことも良い点と考えています。以来、Angus 3D Solutionsは、SUS630を使用した1942年のミシン用のレガシー部品や、石油およびガス業界向けのカスタムコンポーネントなど、25を超えるさまざまな部品を顧客向けに印刷してきました。そして今後はF1チームのためにテストパーツを生産する計画もあります。

その他の事例

PAGETOP